ランドセルが全国の小学校に普及したのは昭和30年以降。私たちが子供の頃は黒、赤、ぎりぎりピンク。という感じでしたが、今ではカラフルなのは当たり前ですし、有名ブランドからもたくさんの種類が販売されていますね。


そして、海外では大人から日本のランドセルはとても人気で、それはまさに日本の小学生が使っているタイプのごく普通のランドセルなのですが、ファッションアイテムとして人気が出ているようです。もちろん丈夫さなどからも真面目に!?使われている方も。


対して、日本ではいま、土屋鞄製造所が50周年を記念した新商品を発表したことで「大人のランドセル」が話題となっています。



そこで、素敵な「大人のランドセル」をいくつかご紹介させて頂きたいと思います。


【土屋鞄製造所】大人ランドセル(OTONA RANDSEL)

出典 http://www.tsuchiya-kaban.jp

職人の丁寧な手仕事による、ランドセルや革鞄を手掛ける土屋鞄製造所。創業50周年の節目を記念した新たな試みとして大人ランドセルを2015年11月3日から注文受付開始します。

出典 http://www.tsuchiya-kaban.jp

ハリのあるヌメ革を使用したハードタイプと、イタリア製高級レザーを使用したソフトタイプを展開。A4クリアファイルがすっきり入るサイズで、シンプルで無駄のない形は仕事でも使いやすそうですね。カッコ良すぎます!

出典 http://www.tsuchiya-kaban.jp

土屋鞄製造所の最大の特徴であろう"背負い心地の良さ"にはランドセルで培ってきた技術が駆使されているようで、背当てと肩ベルトのクッション性とフィット感は素晴らしいのだろうと予想されます。画像で見ても背負い心地がとっても良さそうですし、女性にもとってもお似合い。

発売日は2015年11月3日から注文受付開始で、方法は土屋鞄製造所の実店舗、オンラインショップ、電話の3つだそうです。お値段100000万円(税込)

【藤原かずひろがプロデユース】EMU

出典 http://fujimaki-select.com

藤原かずひろさんがテニス道具を入れて自転車に乗るために考えたリュックだそうです。正面外観はスーツケースのような樹脂によるシャープなデザインで、背中にあたる背面は背負い心地を重視したソフトな生地でとっても実用的。

出典 http://fujimaki-select.com

背中側にくるスペースには防水加工した布を使っているのでラケットやシューズ、汗で濡れたウェアを入れられ、メインのスペースは、パソコンやタブレット、ノートやペンなど細かく分けて入れられるようにポケットがたくさんあるのが嬉しいですね。

【HERZ】縦型/横型ランドセル・玉縫い

出典 http://www.herz-bag.jp

鞄の裁断から縫製まで全て自分達の手で作り上げる手作り革製品工房HERZ(ヘルツ)。こちらのランドセルは、小学校を卒業したら大人用ストラップに付け替えて使い続けられるという、一緒に年を重ねていけるのが特徴です。

【悪G堂謹製】大人のランドセル1st/2nd

出典 http://www.akujidou.com

スタッズが渋い「大人のランドセル1st」は受注生産なので3ヶ月かかるそうですが、そのくらいオリジナリティの高いランドセル。真ん中にはフリンジのスタッズパッチの飾りが付き、内側には豚革が縫い込まれ、使い込む程に飴色に。もちろんスタッズの爪等は内側には出ていないそうで、ほかに色違いの赤もあります。

出典 http://www.akujidou.com

こちらの「大人のランドセル 2nd」は、ランダムに打ち込んだ色ちがいの角鋲にラインストーンが絡んだデザイン。ラインストーンを置く位置やスタッズの配色も個体毎に少しずつランダムに色を変えて作ってくれるそうで、自分だけのオリジナルが作れるのが嬉しいですね。

どこのランドセルも、仕事でもプライベートでも大活躍できそうな、とてもカッコ良い物が多かったですね~。注目はやはり11月3日から注文受付が始まる土屋鞄製造所の大人ランドセルではないでしょうか。

丈夫で便利で、何と言っても実用性の高い大人のランドセル。素敵に似合うような、オシャレな大人になりたいものです。

この記事を書いたユーザー

苺いちえ このユーザーの他の記事を見る

Twitter、Facebookでのシェア大歓迎です♡よろしくお願いします♪

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス