Best Global Brands 2015に対する韓国の説明が悪意に満ちていて酷い…。
酷いを通り越して面白いのでご紹介いたします。

Best Global Brands 2015とは?

世界最大のブランディング会社であるインターブランドは,グローバルのブランド価値評価ランキング“Best Global Brands 2015” を発表いたします。本ランキングは,グローバルな事業展開を行うブランドを対象に,そのブランドが持つ価値を金額に換算してランク付けするもので,今年で16 回目の発表となります。

出典 http://www.sankei.com

ランキング自体に興味のある方は下のリンクをご参照下さい。

1位:アップル

イルベ民が嫌う同性愛者がトップのアップルである。
ブランド価値は、およそ1702億ドル(199兆ウォン)で圧倒的な1位、この地球上で現存する最も巨大な企業だ。
2位とは500億ドル程度の差がある。
また、昨年に比べて企業価値は約43%も上昇し、今年、最も多くの上昇率を記録した企業だという…

出典 http://blog.livedoor.jp

同性愛者を最初から否定する所から始まるという恐ろしい説明…。

3位:コカ・コーラ

こいつらは、黒い砂糖水だけで何十年も稼ぎ続けるのかと思うイルベ民もいると思うが、ライバル企業と言われているペプシですら24位という現実(泣)
事実上、地球上のすべての炭酸飲料を独占している。
企業価値は、784億ドル。

出典 http://blog.livedoor.jp

黒い砂糖水といえば砂糖水ですが…。

コカ・コーラも別にコーラだけを売っているわけではありませんからね…。

アクエリアスもファンタもこの会社です。

日本で言えば綾鷹やいろはすシリーズなど数々のヒット商品を生み出しています…。

5位:IBM

よく分からない会社なので、次に移ろう。
企業価値は、650億ドルで昨年より10%下落した。

出典 http://blog.livedoor.jp

ハードディスクやフロッピーディスクなどを作った言わずもしれた会社である。
コンピューター業界の古き勇であり、過去には巨人と言われた企業である。

6位:TOYOTA

かつて、米国が主導する秩序で死亡するところだったが、再び生き返った日本のトヨタだ。
自動車企業の中でブランド価値が最も大きく、また、日本企業で唯一10位以内に入っている(日本企業の中で2位は、ホンダの19位)
企業価値は、490億ドルで5位とは、少し差がある

出典 http://blog.livedoor.jp

もう少しボロカスに書かれるかと思いましたが…。
意外とまともです。

7位:サムスン

無条件愛国酒を持ってこい!
いつ登場するか待ちに待ったイルベ民も多いのではないだろうか?
全体7位で、1~10位の中で唯一の韓国企業であり、トヨタと共に唯一ランクインしているアジア企業だ。
残りはすべて米国企業。
この程度であれば称賛に値するであろう。
企業価値は452億ドルで、昨年より多少下落したが、0%台の変化を維持している。

出典 http://blog.livedoor.jp

翻訳に問題がある可能性もありますが、トヨタと共に唯一の時点で唯一ではない…。

8位:GE

企業価値は、422億ドル。

出典 http://blog.livedoor.jp

どうやら、まったく何の会社かもわからないようです…。

世界最大のコングロマリット(複合型企業)である。
要するに多角的に色々なことをしている企業である。
医療、航空、エネルギー、金融などなど本当に色々している会社です。

日本では福島原発を作った会社としても有名ですが…。

9位:マクドナルド

布団から出ない引きこもりのイルベ民たちの食事問題を解決してくれるありがたい企業だ。
企業価値は、398億ドルで、昨年に比べて6%下落。
当然だが参考までに、ロッテリア(ロッテ全体を含む)は100以内にも入っていない。

出典 http://blog.livedoor.jp

どうでもいいが、布団から引きこもって出てこなければ、マクドナルドを購入することも食べることもできないと突っ込みたくなるのは私だけだろうか?

23位:フェイスブック

不倫厨が好きなフェイスブック。
わずか10年で、20位圏に上がったのは本当にすごいことだ。
この前、ザッカーバーグが習近平に会った時、娘の名付け親を頼むも断られたそうだ。
中国での規制が緩和されたら、もっと成長するはず。
企業価値は、220億ドルで昨年に比べ、およそ54%も成長した。

出典 http://blog.livedoor.jp

不倫する人が好きなFacebookという説明はなんとかならないのだろうか…。

日本でも不倫は文化と言った人も居たけども…。

Facebookはそういう用途にだけ使われるものでもないはずだし、もっと他になにか良い説明はなかったのだろうか…。

49位:日産

トヨタに続き、日本の企業の中で2番目の自動車メーカー。
数日前、グループ会長のカルロスが、フォルクスワーゲンの事件は、米国の陰謀だとし、EU加盟国の関連長官たちに手紙を送ったとのこと。
こいつも、何かひっかかる点があるようだ…
企業価値は、90億ドルで昨年より19%上昇し、TOP RISERの一つだ

出典 http://blog.livedoor.jp

色々突っ込みどころ満載ですが…。
とりあえず、19位のホンダも日本の自動車メーカーです。

TOYOTAの欄では19位ホンダと書いてあるのになぜ消えてしまったのでしょうか…?

58位:ソニー

なんとか生き延びている企業だ。
この前、発表したXperia Z5は、発熱が深刻のようだが…
一時は日本の自尊心だったが、ここまで落ちぶれることになるとは…
それでも、まだ日本国内である程度は売れているようだ(サムスンが売れていないからね)。
企業価値は、77億ドルで昨年より5%減少。

出典 http://blog.livedoor.jp

さすが韓国という感じの貶めようである…。
スマホだけが商品ではない…。
なんとか生き延びているレベルでは世界58位に入れないはずである…。

確かに一時期の勢いこそ無いが、まだまだ健在である…。

65位:パナソニック

死亡したと思っているイルベ民たちも多いだろうが、まだ生きているよ。
企業価値は、64億ドル。

出典 http://blog.livedoor.jp

ソニーに続きこんな感じである…。
上でも述べたが、一時期に比べ勢いは無いとはいえ世界65位である。死亡したと言われるいわれはない。

75位:KFC

ボッタクリ韓国市場で、黙々と戦っているファーストフードだ(泣)
企業価値は、56億ドル。

出典 http://blog.livedoor.jp

確かに韓国のこの手の商売は恐ろしいくらいボッタクリらしいけれども…。

88位:Huawei

イルベ民が嫌悪するチャンケ企業だ。
3~4年前までは、名前も知らないクソ企業だったが、チャンケの超最高な内需のおかげで100位圏内に食い込んだ。
すでに、中国では、市場シェアでサムスン電子を抜いてしまった。
それでも、ブランド価値としてはまだまだ大きな差がある。
企業価値は、49億ドルで、昨年より15%増加。
今度、Huawei Watchが発売されるらしい。
これからがどうなるか期待される会社だ。

出典 http://blog.livedoor.jp

どうやら日本だけでなく中国も嫌いなようですね…。

内需がいいから上位と書かれていますが、なにげに日本でもスマホなどが販売されています。
格安スマホ市場次第では今後日本でも有名企業になる可能性を秘めたかなり有望な企業です。

いかがだったでしょうか?

たまにはこんな記事も良いかなと…。
色々突っ込みどころ満載のコメントで個人的には面白かったのでご紹介させていただきました。


この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス