記事提供:コイスルカラダ

恋愛・SEX・女性のお悩みに関するコラムを日々お届けしている【コイスルカラダ】編集部です。

好き!と答える人と
苦手!と答える人が両極端に分かれる“オーラルセックス”。

あなたは好きですか?
嫌いですか?

女性にアンケートを取ると、
本当はしてほしいけど苦手意識がある
と答える人が意外にも多いんです!

今日はオーラルセックス“されるのが苦手”という方のために、苦手意識を克服して、もっとオーラルセックスを楽しむためのコツをご紹介します!

◆そもそもなぜオーラルセックスが苦手かというと…

ずばり、「恥ずかしいから」と答える人が大半かと思います。

男性側からすると、その恥ずかしがってる姿に興奮する!
という意見が多いみたいですが、この女性側の「恥ずかしい」にはそれはそれはいろんな意味が含まれてると思うんです…。

要するに、行為自体を恥ずかしがってるわけじゃなくて

・クサイって思われたらどうしよう
・毛の処理に自信がない
・汚れてたらどうしよう

こんな風に、クサイとか汚いって思われたくないから見られたくないっていうのが本音じゃないでしょうか?
お風呂上りの行為だとしても、彼が「大丈夫!」って言ってくれたとしても。

◆女性のアソコはとっても複雑

女性のアソコって、男性のソレに比べて複雑な作りで、清潔に保つのが難しいんですよね…。
自信がないから、してもらってる最中も「臭くないかな?」とかいろいろ気になっちゃってとても行為になんて集中できない!という女性が多いんです。

でも、だからって毎回毎回男性の申し出を断るのもなんだか気が引けるんですよね。
きれいとは言い難い部分なのに、「舐めてあげるよ!」って抵抗なく言ってくれる男性の心意気自体はとても嬉しいし、できることなら受け入れたい…。

そこで今回は、少しでもストレスフリーにオーラルセックスにのぞめる実践的な方法をご紹介します!

1.デリケートゾーン用ソープを使う

美意識の高い女性の間ではもはや常識かもしれません。
臭いが気になるからといって普通のボディソープでごしごし洗いすぎると、必要な菌まで洗い流されてしまい余計に臭くっなってしまうって知ってましたか?

デリケートゾーン専用の石けんを使ってやさしく洗ってあげれば、かなり臭いが抑えられます。

2.毛の処理は必須

毛の処理はオーラルセックスしてくれる男性への最低限のマナーです!(笑)

どの程度処理すればいいか分からない!という女子は、とりあえずIOラインはつるつるにしておけば問題ないでしょう。

毛は汚れが付着しやすく、臭いを溜めこむ原因にもなります。
でも、だからってつるつるにしてたら男性に引かれない…?という心配は御無用!
さすがにパイパンだったらびっくりすると思いますがIOがつるつるで嫌だ!という男性にはお目にかかったことありません。

それから、カミソリで剃るとジョリジョリになるのでこれはあまりおすすめできません。
できれば、脱毛か、ブラジリアンワックスがおすすめ。

予算的にカミソリ以外キツイ…という人は、デリケートゾーン専用のトリートメントを使用して毛を柔らかくしてから処理するようにしてみてください。
剃った後の手触りが全然違いますよ☆

3.デリケートゾーン専用ウェットシートを使う

いい雰囲気になりそうになったらとりあえずトイレへGO!
デリケートゾーン専用ウェットシートで応急処置を。
これ、やるとやらないとじゃ全っ然違います!!!
いつものメイクポーチに忍ばせておくのがオススメです◎

◆セックスは愛情表現の一つ

ここまでオーラルセックスを“されるとき”のエチケットや苦手克服法をご紹介しましたが、それでも心理的にやはり抵抗がある、という方は少なくないと思います。

彼の要望を聞き入れることもひとつの愛の形。
セックスはカップルにとって大事なコミュニケーションの手段ですから、

絶対にいやだ!

これなら妥協できる!

この線引きをしっかりして、二人の幸せなセックスライフを作り上げていってくださいね。

ちなみに、絶対に無理!とあなたが言ってることを強要してくるような人とは、近いうちにお別れすることになると思うので、くれぐれも我慢しすぎないでくださいね!


▼あわせて読みたいおすすめコラム▼

この記事を書いたユーザー

コイスルカラダ このユーザーの他の記事を見る

恋愛、セックス、人間関係、身体のこと…。デリケートな悩みを抱える女性が一歩前に進むことを応援する情報発信サイトです。

得意ジャンル
  • 恋愛
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス