野球・ソフトボールと並んで空手もオリンピックの追加種目候補となっています。
でも皆さん実際に空手を見たことはありますか?
空手というと最近CMでオデコでの瓦割りをした若い女性、キレッキレの形の演技がネットで話題になった少女などを思い浮かべる方も多いかもしれません。

非常に大まかに分類してみても、寸止めルールを採用している「伝統派空手」、直接打撃ルールを採用している「フルコンタクト空手」、それ以外に「沖縄空手」「防具付き空手」などたくさんの流派が存在します。

剛柔流・松濤館流・和道流・糸東流が一般的に「伝統派」と呼ばれている四大流派で、そのそれぞれに各会派が存在。
そしてもっとややこしいのが、全国規模の団体として㈶全日本空手道連盟と㈳日本空手協会の二つがあり、また極真とそこから分裂した新極真などもあります。

組手に関しては、ノンコンタクトの場合は非常にスピードが速く、空手になじみのない方には勝敗のポイントがわかりにくいかもしれません。(空手をやっている人が見ていても難しいです…)
フルコンタクトはまさに「殴り合い・蹴り合い」。ですが、こちらの判定もわかりやすいとは言い難いです。
ノンコンタクト・フルコンタクトの試合を動画で見比べて頂くと、まるで別の競技のように思えるかもしれませんね。

たくさんの流派があるということは、いろいろな考え方を持つ人たちがいるということ。
オリンピック参加に関しても、もちろん賛否両論あります。
「空手は武道で合ってスポーツではない」という考え方の指導者もいます。
どちらがいいのかについてはここでは言及しません。

ただオリンピックに関して取り上げられることが増えたことで、空手が「あ~、あの瓦を割るヤツ?」という認識より少しでも理解が深まれば、それはいいことではないでしょうか。
押忍!

この記事を書いたユーザー

KORIN このユーザーの他の記事を見る

映画と海外ドラマが大好き!空手は黒帯のアラフィフです。

権利侵害申告はこちら