沖縄人といえば、時間にルーズで時間通りに来ない。そんなイメージがありませんか?実際はどうなのでしょうか? 今回は、そんな沖縄人が休日をどう過ごしているのかを覗いてみようと思います!

沖縄人の1日

5:00
沖縄人の週末の朝は早い。前日から続く飲み会がようやく終わる。

6:00
帰宅後、1杯呑み直し就寝。いわゆる1日の中休みだ。

11:00
起床。12:00から友人とランチの約束があるため急いで支度をすませる。

12:00
自宅を出発。待ち合わせの場所に向かう。ちなみに約束の時間は12:00。

12:30
待ち合わせ場所に到着。しかし、友人の姿はない。怒って帰ってしまったのだろうか? 電話で確認してみる。

私「ごめん。今ついたやっさ!どこいるね?」
友人「お家!今から出るよぉ〜!」

どうやら友人は今からこちらに向かうようだ。確認しておくが、待ち合わせ時間は12:00である。

13:00
合流。予定より1時間遅れているが、沖縄人にとっては予想の範囲内である。

13:30
お店に着きランチを食べる。おしゃべり好きな沖縄人はランチタイムでもテンションは飲み会。お店側もいちいち怒っていられない。

16:00
友人が17:00からアルバイトのため店を出て送ってあげる。仕事の時間にはしっかりしている。仕事と私生活は別なのだ。

16:30
友人をバイト先に送り届ける。そのまま家路へ。

17:00
自宅に到着。家でテレビを見ながらダラダラし始める。ケンミンshowは共感を通り越し、爆笑がうまれる。

18:00
19:00から飲み会があるのを思い出し、準備を始める。この時「ごめん!ちょっと遅れる!」と連絡を入れてしまうと心に余裕ができ、準備開始が1時間遅れる。

19:00
居酒屋に向かうため家を出る。確認しておくが、飲み会は19:00からである。

19:30
居酒屋に到着。席に行くと1人で飲んでいる幹事を発見。
幹事「お!てーげー早いさ!」
30分遅れても早いと言ってくれるところに沖縄人の器のでかさを感じる。

20:00
この辺りから、みんなが集まり始める。沖縄人の集まりの遅いか早いかの感覚は、集合時間に間に合うかどうかではなく。1番初めに来たやつが早く、最後に来たやつが遅いのだ。実にシンプルでわかりやすい。

20:30
半数以上が集まり、この辺りからくる奴は「やー、遅いよやぁ!」と言われるが、誰も気にしていない。

21:00
ほぼ全員集合。ようやく、みんな集まっての飲み会が始まる。沖縄の飲み会ではコールや一気は少ない。飲みたいやつが飲みたい分だけ飲むというのが基本のスタイルだが、みんな酒好きのため必然的に量は多くなる。

22:00
一次会が終わり二次会へ。ここからが本番である。

23:00
二次会でテンションも最高潮。互いで互いを煽り始める。宴会というかもはや乱闘である。潰れて寝だす人や声がでかくなるのがこのあたり。たまに店員さんに怒られる。

24:00
二次会も終わり、夜の街に消えていく人と家路を急ぐ人に別れる。週末だと基本みんな前者。私も今日はこの辺で。一日お付き合いありがとうございます。

どうでしたか? 沖縄人の1日を覗いてみて沖縄に来たくなりましたか? 時間にルーズな部分もありますが、それを許せる優しい沖縄が私は大好きです。

この記事を書いたユーザー

Я このユーザーの他の記事を見る

"くだらない事"~"最先端"までワクワクや感動させてくれる"おもしろい"事を見つけて発信していきます。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • インターネット
  • 広告
  • ゲーム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス