聖ルチア祭(Santa Lucia 聖ルチアに日)キリスト教の聖人ルチアの聖名祝日を祝う日です。イタリア語で、ルチアがスウェーデンではルシアと呼ばれます。クリスマスはよく知っているけど、聖ルシア祭はあまり聞きなれません。でも漫画で、ルチアという名前は聞いたことがありますね。ルチアってどんな意味が込められているのでしょう。

白いドレスを着た女の子と星の使いの男の子

出典 http://www.tabikyoku.com

蝋燭の冠を被ったルシア姫を先頭に

出典 http://sekaishinbun.net

この女の子がルチア姫となって先頭を歩きます。

サンタルチアをうたいながら

出典 http://norrsken.jp

日の光を切望する北欧の人々を象徴している。

サフランのパン

出典 http://sf2tokyo.exblog.jp

行列のあとはサフランパン、ジンジャークッキー、コーヒー、グレッグと呼ばれるホットワインがふるまわれます。

スウェーデンでは旧暦の冬至にあたる毎年12月13日に聖ルシア祭が行われ、『一番大切な冬の行事』といわれている。イタリア・シチリア生まれの女性聖職者である聖ルチアは貧しい人々に財産のすべてを提供した純粋な人といわれている。貧民の生活に光を与えた彼女は光の聖人として、また農耕の守護神として親しまれている。


冬至は一番日が短い日で、長くなり始める日。日が長くなることを祝う古来からの民間信仰にキリスト教の光の聖人がいつの間にか一体となって現在に至る。
現在では学校や職場、教会などで、聖ルシア祭が行われ、蝋燭の冠を被ったルシア姫を先頭に同じく白いドレスを着た女の子と星の使いに扮した男の子が行列を作ってサンタ・ルチアなどの歌を歌う。
頭に乗せた蝋燭の光は日の光を切望する北欧の人々の気持ちを代弁している。

出典Wikipedia

聖ルチア祭について、クリスマスシーズンのアドイベントが始まるころに行われ、西方教会では伝統的な重要な聖名祝日でスカンジナビア諸国と南欧が主として伝統行事としている。スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランド、イタリア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、アイスランド、クロアチアで行われる。16世紀にグレゴリオ暦が改訂されるまで聖ルチア祭は北半球の冬至の日でした。

出典Wikipedia

スウェーデン Santa lucia

出典 YouTube

聖ルシア祭です。サンタ・ルチアを歌いながら、伝統行事は行われます。

日本にも、冬至にはかぼちゃを食べて、ゆずの湯に入ると無病息災などの慣習がありますね。農耕民族は太陽の光によって自然の神様に願うので、クリスマス前に北欧ではこのような伝統が続いているのですね。サンタルチアの歌は学校で習ったので、聞いたことがある方も多いと思います。
でもこのような意味が込められているなんて知りませんでした。

世界のどこへいっても、太陽、自然の神様を祀り、豊作、無病息災を願う気持ちは共通のように感じました。

この記事を書いたユーザー

キタガワ このユーザーの他の記事を見る

ドラマチェックと演者、カメラを生きがいに好奇心旺盛で行動力が早いのが取り柄です。
生みだす表現力に人生をかけています

得意ジャンル
  • 話題
  • ライフハック
  • おでかけ
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • 感動

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス