ブログなど誰でも気軽に情報を発信できるようになった反面、間違って使っているケースを多く見かけるようになりました。

何気なく使っているかもしれませんが、実はこの二つには大きな違いがあります。

正しく使い分けて、一目置かれる存在になっちゃいましょう!

「健」と「検」、漢字一文字で大違い

「単なる変換ミスでしょ?」と思うかもしれませんが、健診と検診は全く別ものなのでご注意を!

健診は健康診査の略で、いわば、健康であることを確認するためのもの。一方、検診は特定の病気にターゲットを絞って早期発見・治療することを目的に行われるものです。

突然ですが、ここでクイズです!

以上のことを踏まえて、これから挙げるケースはどちらの漢字を使うのか考えてみましょう。

①1歳半けんしん
②胃がんけんしん
③妊婦けんしん
④3歳けんしん
⑤肺がんけんしん


では、答え合わせです

①1歳半健診
②胃がん検診
③妊婦健診
④3歳健診
⑤肺がん検診

いくつ正解しましたか?

妊婦さんや乳幼児の「けんしん」は健診です。母子手帳などを見ると「健康診査」とハッキリ書かれているので分かりやすいかもしれませんね。

そして、②は「胃がん」、⑤は「肺がん」に焦点をあてた「けんしん」なので検診と表記されます。一般的に、「けんしん」の前に病名が付くものはこちらの検診になります。

今回は、少しマニアックだけど、知ってるとちょっと賢くなった気がする(笑)雑学をご紹介しました。

この記事を書いたユーザー

momoroz このユーザーの他の記事を見る

オーストラリアで育児満喫中。面白くて役に立つ情報を分かりやすくお伝えします。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • ライフハック
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス