付き合っていた時はいつも綺麗に着飾っていた自分。結婚して子供が産まれると、常にヨレヨレのTシャツでノーメイク。家事に追われ、育児に追われ。

それでも、夫の言葉があるから頑張れる。夫から学ぶ3つの魔法の言葉をご紹介します。この何気ない一言が本当は嬉しいのです。

①ありがとう

本当にこの一言は大事です。毎日の生活の中で自然とお互いの役割分担が決まって、やる事が当然でやってもらう事が当然になってきます。しかし夫はそんな中でも少しの事でも「ありがとう」と言ってくれます。

「コーヒー入れてくれてありがとう。」
「お弁当美味しかった。ありがとう。」
「これ持ってきてくれてありがとう。」

何気ない事であっても言ってもらえる事が嬉しいです。いつも言ってもらえるので私も自然と「ありがとう」という言葉が出てくるので、お互いに気持ちよく過ごす事ができます。

②○○やるよ。

これは本当に助かります。子供で手が離せない時や、やっと一息つけると思ったら何か問題が起きた。

そんな時に「○○やるよ。」

という言葉は本当に助かります。更に「○○やるからゆっくりしていて。」と言ってもらえると、とても嬉しいです。手一杯でイライラしている時はこれで少し冷静になれます。

ただし、間違ってはいけないのが「○○やろうか?」これは似ているようでも違います。上から目線に思われる事があるので注意して下さい。

③ LOVE YOU

何気ない時でも、喧嘩をした時でも一日に何度も言ってもらえる

「 LOVE YOU」

私は「愛している」よりも「LOVE YOU」の方が言いやすいです。普段から言わない人には、なかなかこっ恥ずかしくて言えないし言われる方も恥ずかしいかもしれませんが、普段からこの言葉を言ってもらえると、育児でボロボロになっていても女性でいられる気がします。

さいごに

長い事一緒に暮らしていくとつい忘れがちになる言葉ですが、この一言でとてもお互いの雰囲気が良くなります。もし忙しくてなかなかこの言葉を言っていない方、是非言ってみて下さい。相手の方はきっと嬉しく思ってくれるはずです。

おもしろ記事

この記事を書いたユーザー

Maggoo このユーザーの他の記事を見る

オランダ在住、一児の母。最近インスタにハマっており面白いネタ探しに日々インスタ徘徊中。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス