行ったことありますか?「柏高島屋ステーションモール」。

千葉県にある柏駅。みなさんは行ったことありますか?「柏高島屋ステーションモール」は、そこにあります。高島屋柏店と駅ビルからなるショッピングセンターです。著者はつい最近まで訪れたことがありませんでした。まず、行ってみて驚いたのが「柏高島屋ステーションモール」、愛称「ステモ」の巨大さ。本館高島屋、新館高島屋、新館専門店、S館専門店の4つのビルが連なっています。「いやいやいやいやいや一日じゃ回れないし!」。そのくらいショッピングセンターを巡る大冒険が可能です。
 そんな柏タカシマヤのS館専門店で著者が出会った、ナイスな店員さんがいるお店2件をご報告します。

「お客様はこの香り」。出会って2秒で選んでくれる「LAUREL」の店員。

まずは2階にある、自然派コスメのお店「LAUREL」。いい香りに誘われて店内に足を踏み入れ、ボディコロンを手に取った瞬間、「お客様なら、この香りをお勧めします」と声が。振り向くとナチュラルなたたずまいの女性店員が立っていました。ちょっぴり「?」な状態のわたしに、見た目の印象、服装、想定される行動範囲とシーン…、と、「何故その香りなのか」具体的な説明を加えてくれます。彼女は「ホワイトリリー」を勧めてくれたのですが、「購入者の80%がサボンの香りを選ぶ」と。「そこは敢えて人とかぶりたくないかも」というわたしの心理も読まれたようで、「鋭いな」と感じました。決して決めつける感じはなく、全ての香りを試させてくれます。
 そして購入決定後に自社製品の紹介があるわけですが、これも「フルラインナップでブランド丸ごと推し」はなく、「本当に使って欲しい」2品だけの紹介で「後は、お手持ちの化粧品でも」という引き際の良さ。お会計時になって「スタッフの90%以上がすっぴんです」。え?本当?と二度見した店員さんの肌のきれいなこと!

出典著者撮影

ボディコロンは全部で6種類。着け心地は軽いので、しっかり香りを楽しみたい方は香水をお試しください。いっそのこと、「わたしに似合う香りを選んでください!」とダイレクト・アタックで!

ニーズに的確に答え、相談にがっつり乗ってくれる「TOMMOROWLAND」の店員さん。。

次に4階にある、セレクトショップ「TOMMOROWLAND」。「なるべく長く着られる、普遍的なデザインのコート」を探していた著者。多くのブランドがなんだかんだ言って、今季トレンドの肩の落ちたロングシルエットのコートを推してくる中、ごくベーシックな形のチェスターコートを店内から魔法のように出してくれたのが、このお店の女性店員でした。
 また、「ぶっちゃけ何年くらい持つの?」、「今季は何と合わせればいい?」、「ヒールでも、ペタンコ靴でも大丈夫?」、「この素材で真冬まで使える?」というわたしの質問の嵐ににこやかに、的確に、経験談を踏まえて答えてくれました。挙句、わたしはいわゆるアラフォーなのですが、「どの雑誌を読んでいいか分からない」という全く個人的な悩みにも「"ELLE"などを読んでトレンドやエッセンスだけチェックする」、「”GINZA"でライフスタイルそのものをトータルで考える」と具体的なアドバイスも。その他にも、「"流行"までは行っていないけど、スリムなパンツにロングブーツもじわじわ来ている」、「昔買った細身のブーツも、ガウチョなどと合わせてみてバランスがおかしくなければOK」と手持ちの洋服、雑貨の活かし方まで教えてくれました。
 もちろん、わたしがチェスターコートを購入したのは言うまでもありません…。うん、また来るね!

「高島屋」の安心感、「駅ビル」の気軽さ。

「高島屋」というとどうしても敷居の高いデパートを想像しがち。わたしは「高島屋」と言われると日本橋の荘厳な雰囲気が真っ先に思い浮かんでしまったのですが、「ステモ」、とりわけS館はもっとリラックスした、いわゆる「駅ビル」の入りやすさがありました。同時に、今回お会いしたお二人は、掲げている有名デパートの名を裏切らない高い意識と知識を感じさせてくれました。
 ファッションからコスメまで、自分の好みの店は必ず入っていると言ってもいいくらいの規模なので、まだ行ったことのない方は、一度足をのばしてみてはいかがでしょうか?わたし達の大好きな「NATURAL KITCHEN」もありますよ!

この記事を書いたユーザー

miho yamana このユーザーの他の記事を見る

ブックショート2015年8月期優秀作品受賞(http://bookshorts.jp/20150807p/)(筆名:山名美穂)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス