豪州のチキンチェーン店のツイッターに意味不明な言葉が並んでいることが評判になっています。
なんと、このツイッターを打っている担当者は、本物の鶏なんです!

鶏が打つツイッターって!?

出典 http://r.gnavi.co.jp

深い意味が隠されているのでしょうか?

こんな風に打ってます!

出典 YouTube

チキン・トリートに雇われて熱心に働いているのはニワトリの「ベティ―」。

出典 http://www.eater.com

ベティーが「5文字の正しい英単語」を書くまでこの仕事を続けさせ、ギネス・ワールド・レコーズの世界記録認定を目指す意向。これまでに「bum」という単語をつづったことはあったものの、単語と認識できる内容を書き込んだのはそれきりだったという。

出典 http://www.eater.com

ツイッターへのニワトリ起用には一部の動物愛護活動家から反発の声も。鳥かごに入れられたニワトリの写真を掲載して「ニワトリはツイートしない。虐待生活につながる」と訴えたユーザーもいた。

出典 http://www.eater.com

「オーストラリア王立動物虐待防止協会にも承認され、動物保護に関する基準をすべて守っている」

出典 http://www.eater.com

果たして、ベティーのツイッター担当の仕事は続くのでしょうか?興味深い気もしますが、ちょっぴり可哀想にも思います。

この記事を書いたユーザー

うー このユーザーの他の記事を見る

東京が好きで、昭和が好きで、古い日本のドラマも好きで、カフェが好き。
忘れられかけている遠い記憶のことを掘り起こしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス