ボーイング社が、世界最軽量の金属素材「マイクロラティス」を開発しました。

内部が空洞になった金属ポリマーチューブを格子状にしたもので、素材の99.99%は空気だという超低密度!その軽さは、なんと金属なのにたんぽぽの綿毛に乗ってしまうくらいなんです!これは驚きですね。

このマイクロラティスは非常に強い圧縮性があり、エネルギーの吸収性にも富んでいます。最軽量である上に、とても「強い」素材でもあるということになりますね。

軽くて強いなんて、なんて理想的な金属…。

出典 YouTube

ボーイング社の開発ということで、もちろん航空機の重量削減とそれに伴う燃費効率の向上に使えますが、もっと私たちの身近なところで幅広く使われていく可能性もありますね。

多くの分野での活躍を期待したいです!

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス