子供が生まれたら何か記念に残ることをしたい。きっと親なら誰もが思うことでしょう。それは生まれた瞬間の記念にでもいいし、子育てしていく過程であってもいい。とにかく愛する我が子が、後で記憶を遡った時に「あんなことしてもらった」とハッピーになってもらえるようなこと。親はいつも思ってしまいますよね。

そんな我が子への思いを込めた記念すべきことを、ポーランド人の写真家の夫婦は思いつきました。それは「宙に浮いている我が子の写真を撮ること」。

宙に浮く生後一か月のベイビー

出典 http://www.boredpanda.com

合成写真ではなく、正真正銘の写真です。でも、もちろんパパがベイビーを宙に放り投げているわけではありません。実は壁が床なのです。だからベイビーは全く持って安全。でも写真家としての技術と想像力でもって、素晴らしい写真が出来上がりました。

軽いからドライヤーの風にも浮いちゃう!?

出典 http://www.boredpanda.com

パパも一緒に浮いちゃおっかな~

出典 http://www.boredpanda.com

もう立ったり座ったりができるんだね!

出典 http://www.boredpanda.com

まるでそんな写真。これが床だなんて思えませんよね。

パパの背中でジャンプ!

出典 http://www.boredpanda.com

まだ生後一カ月目のベイビーには、複雑な背景もテクも必要ないと写真家の夫婦は語ります。必要なのは想像力と我が子への愛、これだけ。こんな素敵な写真、きっといい記念になることでしょう。娘さんが大きくなったら「やだ、パパとママ、私で何やってんの!?」と笑いながらハッピーに語る日が来るのが楽しみですね。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス