今まで何気なくやっていた事が結婚してみたら否定されたり、考え方の違いを感じたりする事はありませんか?そんな違いを感じた5つのシュチュエーションを紹介します。

作業したい時は・・・

家で仕事をしなくてはいけない時、どのような環境で仕事をしていますか?お互いの仕事しやすい環境は異なるようです。

一人で集中したい夫

夫はまず、一人で集中して仕います。事ができるスペースを必要とします。子供や猫やテレビに邪魔されない環境でないと、思うように仕事がはかどりません。

合間に集中する妻

家事の合間に。子供が寝ている隙に。そんな合間を活用して集中して仕事をこなす妻。逆に家族が家にいるのに一人で作業をしようとすると、夫が何か物を落とす音や子供の泣き声が気になり集中できません。



休日の朝は・・・

普段は忙しくお互いに時間がとれないので、休日は夫婦でゆっくり。そんな時もお互いの考え方の違うようです。

まずゆっくりしたい夫

せっかくの休みなのだから、朝はまずゆっくりしたい。ゆっくり朝食を食べてテレビを見て。朝から妻が忙しなく動いていると夫も落ち着かないようです。

ゆっくりする為に、まず家事を終わらせたい妻

ゆっくりすると言っても家事に休みはありません。早くゆっくりできるようにしたいので、早く家事を終わらせたいのです。「ちょっとゆっくりしてからでいいじゃん。」と夫に言われて腰を下ろしても、やらなければいけない事は溜まる一方。落ち着けません。

料理は・・・

夫婦で一緒に料理をする事があるのですが、お互いにやり方が違いイライラしてしまう事もあります。

とにかく美味しいものを作りたい夫

美味しいものを作りたい!そう思ってくれるは非常に嬉しいですし、出来上がった料理も本当に美味しいです。しかし、その料理を作るにあたって冷蔵庫の残り物は無視。新たに食材を買ってくる事もあります。そして、時間がかかってしまう事も。

美味しいものを効率よく作りたい妻

美味しいものを作りたいのは誰でも同じだと思います。しかし、料理を作るにあたって冷蔵庫の残り物と相談したり、温かい料理は温かいうちに、冷たいものは冷たいうちに食べてほしいので料理を作る順番など効率よくする方法を考えます。

それを考えながら夫婦で料理をすると意見が合わずにイラついてしまう事があるのです。

喧嘩は・・・

夫婦喧嘩をした時はお互いに自分の意見を言います。問題はその後、対処の仕方が違います。

まず、謝る夫

お互いに面倒くさいのはごめんですが、大抵先に折れるのは夫です。その方が後々面倒くさくないと知っているからです。

夫が謝るのを待つ妻

言い過ぎたと思っても、直ぐには謝りません。なぜなら夫も悪いと思っているから。夫が謝ると「私も言い過ぎた。ごめん。」となります。

子育ては・・・

子供への愛情は夫婦共に変わりません。しかし、お互いに得意分野があります。

遊ぶのが上手な夫

夫は本当にいろいろな遊びをあみ出し、子供の笑顔を引き出します。ちょっとヒヤヒヤしてしまう事も平気でやるので心配なところもあるのですが、子供は大喜び。夫は遊びの天才だと思います。

安心させるのが上手な妻

遊びの天才の夫が苦手なのが、子供が泣いた時に泣き止ませたり安心させる事。今まで楽しく遊んでいたのに泣きだしたら手に負えない。そんな時に妻が抱っこすると直ぐに泣き止む事があります。

ツイッターからみる夫婦の考え方の違い



どうでしたか?皆さんはどんな違いを感じましたか?

この記事を書いたユーザー

Maggoo このユーザーの他の記事を見る

オランダ在住、一児の母。最近インスタにハマっており面白いネタ探しに日々インスタ徘徊中。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス