10/24全国公開となる『ボクは坊さん。』の試写会にお邪魔してきました。真壁幸紀監督トーク付き、そしてなんと本物のお坊さんの読経も聴けちゃうユニークな試写会でした。

『ボクは坊さん。』ってどんな映画?

出典筆者撮影

出演:伊藤淳史、山本美月、溝端淳平、駒木根隆介、濱田岳、松田美由紀、イッセー尾形

【ストーリー】
白方光円(伊藤淳史)24歳は、四国八十八ヶ所霊場、第57番札所・栄福寺を実家に持ち、一応大学ではお坊さんになるための勉強をしていたが、今は書店で働いている。しかし、住職の祖父の死によって、自分が栄福寺の住職になることを決意する。

【感想】
お坊さんのお仕事という異業種について伝えてくれる作品かと思っていたら、お坊さんになることを決めた光円という1人の青年の成長物語。その中にも、笑いあり、涙あり、そしてお坊さんあるあるあり!で他の映画にはない新鮮さとユーモアがありました。
24歳で突然実家の寺の住職となった光円が、お坊さんのお勤めに試行錯誤しながら、生き方や友情、そして生と死について考えていきます。
私が好きなのは『人は場所に集まるのではない、人に集まるのです』というセリフ。
確かにいくら綺麗な場所を提供しても、そこにいる人が心温かく穏やかでなければ誰もついてこないですよね。当たり前のことだけれども、日常に流されて忘れてしまっていた大切なことを思い出させてくれるセリフでした。
生きていると「なんで俺が?私が?」と思いたくなる部分って増えてくると思うんです。逃げ切れないこと・避けられないことの連続で毎日嫌になっちゃう。でもこの作品の中にはそんなときに効くおまじないのようなセリフやシーンがたくさんあります。
お坊さんの世界だから…というわけではありません。それはいつの間にか私たちが忘れてしまいがちなこと。
そんな自分の至らなさを実感し、自分の周りの人を大切にしようと、背中を押してくる作品です。

お坊さんによる読経イベント

読経を「BOSE」で聴く!(笑)

出典試写会にて筆者撮影

今回は浄土宗光琳寺の副住職・井上広法氏、浄土真宗大谷派明福寺の副住職・中根信雄氏、天台宗の小野常寛氏の現役僧侶3人による音響メーカーの「BOSE」で読経を聴く!という何ともユニークな読経パフォーマンスも実施。

実際「BOSE」で読経をしてみるとお三方の感想は…
「低音がいいですね(笑)」
「普段はお客様はお尻(後ろ)にいるんですが、前にいるので緊張しました」
「読経をして拍手をもらえるのは初めてです」
と会場を沸かせていらっしゃいました。

また「お堂は声が響くように出来ているのでまた違った声の通りがある」とのこと。
本物のお坊さんってこんなにチャーミングなんだ!と親近感が持てるパフォーマンスでありました。

そして『ボクは坊さん。』を一緒に試写会で観たお三方の感想は…
「お坊さんあるあるの宝庫!」
「過去の自分を投影しているかのような作品」
「お坊さんのお仕事は葬式だけではないんです!」
と本物のお坊さんからも絶賛されておりました。

真壁幸紀監督×駒木根隆介さんのトークイベント

真壁監督は『ALWAYS 三丁目の夕日'64』の助監督などを経て、本作が長編映画デビューとなります。今回はお坊さん役で出演された駒木根隆介さんと和気藹々としたトークで、映画の貴重な裏話なども聞くことができました。

出典試写会にて筆者撮影

短いトークの時間の中たくさんの映画の裏話をして下さるお二人

出典試写会にて筆者撮影

観客の質問に親身に耳を傾けるこの真剣さ!

真壁監督と駒木根さんの面識はこの映画以前からあったそうですが、真壁監督が下北沢のドーナッツ屋さんでキャスティングに頭を悩ませているところに、たまたま同じドーナッツ屋さんに駒木根さんと出くわし、出演依頼としたという驚きのエピソードを披露。

役者の駒木根さんにとっては撮影時大変だったことは?
「お坊さんの所作と正座が大変だった!」
とスクリーンからは全く見えない苦労エピソードを話して下さいました。

真壁監督がおっしゃっていたことで1番印象的だったのが、
「白川密成氏の本が原作であって、仏教ついて勉強もしたけど、1人の青年の成長物語として描くことに苦労した」
ということ。

だからこそ、お坊さんワールドだけでは終わらず、観客にも共感できる部分がたくさんある物語になっているんだと実感しました。

また美しい今治や高野山の景色、そして高野山の奥之院で撮影をしたのは世界初とのことなので、これは是非スクリーンで観て下さい!

この記事を書いたユーザー

なかぁた このユーザーの他の記事を見る

映画好きライター。東京都出身の帰国子女。アメリカ、奈良、千葉、福岡を転々する。
趣味は映画鑑賞、読書、美術鑑賞、演劇、ライブ、フェス。
ライターのご依頼はmarikonakata.sw@gmail.comまで!。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら