記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
よく死期が近づくと、猫は姿を隠すといわれていますが、これは単なる都市伝説なのでしょうか。それとも、明確な理由があってのことなのか。今回は、この猫の不思議に迫ります。

姿を消すのは、安静にしたいから?

猫が姿を消すのは、死ぬところを見られたくなくて姿を消すのではなく、具合が悪い時に、静かな場所で体を休め治そうとするために移動してみられなくなったと最近では考えられています。

猫が姿を消す理由

1:体調不良
体の調子が悪いときに、人に構われ心配されることで声をかけられたり、体を触られたりされるのを嫌がり、外出可能な猫なら外へ出かけていき静かな場所に身を隠し静養します。人も猫と同じく具合が悪い時には、声をかけられることや、うるさい場所は避け、早く治そうとおとなしく静養しますよね。その心境は、猫であっても同じなのです。
もちろん、すべての猫に当てはまるわけではありません。中には、飼い主にべったりくっついて離れない猫もいるでしょう。ただ、大半の猫は具合が悪い時はじっと大人しく静かにして自己治癒力に任せて回復を待ちます。

2:体力の回復に集中している証
他の猫や人と接しない状態で、静かにしていることで余分な体力を消耗しないようにして、体調の回復に努めている状態であるともいえます。加えて、自然界では体調が悪いと他の猫や外敵に襲われる可能性もありますが、体調不良では戦えません。ゆえに、誰にも見つからない場所に隠れて、身を守るという意味合いもあるのでしょう。

猫がなかなか戻って来ないケースも…

中には、出かけたきり戻ってこない猫もいますが、これは回復のため静かに休んでいたにも関わらず、亡くなってしまった可能性もあります。このようなことから昔の人の間では、死期を悟って猫が姿を消す、という俗説を作り上げてしまったのかもしれません。

獣医師からのアドバイス

出かけてある日突然戻ってきた猫は、体調を回復させたことで飼い主さんに「どこ行ってたの、心配したわよ」なんていわれながらも、今まで通りの生活に戻りますよね。いずれにしても、猫が姿を隠すのは、死期を悟っているわけではなく、必至に生きようとしている証だといえるでしょう。

(監修:Doctors Me 獣医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス