1億玉砕、進め1億火の玉だ!?

早速話題になっております、
「1億総活躍担当大臣」


話題と言うより、「笑い者」という表現の方がピッタリかな!?


それにしても、これほどやる前から結果が出ている仕事も珍しい。


誰も期待していないし、何も出来ないでしょう~~~。


掲げた3つのスローガンを聞いた時、それを考えた人間、それを平然と大衆の面前で発表している人間、それを見ていて、その人間たちの頭の悪さを垣間見た。
賢い人間が真剣にやっているとは思えない仕事だ。


さらに、担当大臣を喜んで引き受けた国会議員。
シンゾウ親分に忠誠を誓い、今日まで金魚の糞として仕えてきたご褒美で、末は博士か大臣かの夢をかなえた。
今は天にも昇る気分だろう。
そのまま昇ってしまっても、この国には何の影響も無いと思うよ。


しかし、その1億総活躍担当大臣様。
彼の地元の選挙区は確か人口5~6万人の小さな田舎町だったと思う。
聞くところによると、その町は年々さびれているとか。
大きな産業もなく、人口も増えず、若者の定住も進まず、しかし高齢化と過疎化はどんどん進んでいるそうだ。


地元の小さな町ですら活性化出来ない田舎者の政治家が、1億人の為の仕事が出来るのでしょうか?
5~6万人の町ですら活躍させられない政治家が、1億人をどうのこうのなんていう仕事が出来るのでしょか?


答えは・・・?

無理!


結局、答えは判っている。
すでに答えは出ている。
こんな何の役にも立たない組織や大臣なんて、税金の無駄遣いでしかない。
しかし・・・。


そんな愚行が判っていても、我々は指をくわえて見ているしかない。
安保法案の時と同じく、我々は何も出来ず、ただ首相の暴君ぶりを見ているしかないのだ。
何とも様の悪いことです。
何とも情けないことです。


しかし、これが多くの有権者が選んだ答えだから、私には何も出来ないのが現実です。

この記事を書いたユーザー

rubbish-JPN このユーザーの他の記事を見る

社会の片隅で、日々の暮らしの中、生きるための目的を探し、そして、残り少ない時間をどう過せばいいのかを模索しながら今日に至った人間です。果たして私は何が残せるのか?
別に残せなくても、それもまたよし。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら