バッター液というものを知っていますか?通常の揚げ物をするときにこのバッター液を使用することで作業が短縮されるだけでなく、よりおいしく揚げ物ができると話題になっていたのでまとめました。

バッター液とは

家庭では、小麦粉、卵、パン粉の順に衣をつけますが、お店では、小麦粉と卵の代わりに、小麦粉と水を1対1(体積比)で混ぜた「バッター液」と呼ばれるものを使います。

出典 http://www1.nhk.or.jp

通常だと小麦粉を付けて卵をつけてパン粉をつける手順ですが、バッター液を使う場合はバッター液を付けた後そのままパン粉をつけるので手順が一つ省略されるためより簡単に作ることができます。

バッター液の利点

バッター液だと、タネの表面を簡単にムラなく覆うことができ、パン粉もまんべんなくつけることができます。

出典 http://www1.nhk.or.jp

バッター液を使うことでパン粉が万遍なくつくので、揚げた後の見た目が良くなる以外にも、温度差による衣の爆発などを抑えることができるようになります。

バッター液のレシピ

小麦粉(150グラム)と水(200ミリリットル)を混ぜたもの

出典 http://www1.nhk.or.jp

卵1個、薄力粉大4、水大2、塩こしょう少々を混ぜます
(写真は水の代わりに牛乳)

塩こしょうは食材に振るよりバッター液に混ぜる方が均等に付きます

出典 http://ameblo.jp

基本的には体積比で水と小麦粉が1対1のバッター液が主流です。しかし、卵を入れたり、バッター液に下味をつけたり、水を牛乳にしてみたりと色々なアレンジができるようです。

バッター液の裏ワザ

油の多いタネに細かい乾燥パン粉をつけることで、バッター液の水分を吸い、タネの油がバッター液がはじくのを防ぐので、衣が剥がれにくくなります。

出典 http://www1.nhk.or.jp

基本的にバッター液を使用することで手順が一手間省けるのですが、あえて最初に細かいパン粉をつけてからバッター液をつけることでより衣が剥がれにくくすることができます。

バッター液の反応

こんばんは~(*^^*)
お疲れ様です(o^^o)
今日は朝からスタッフさん達が来てくれてお店を片付けてくれました
感謝感謝です(*^^*)
さて

あさイチ(NHK) 2015年10月13日(火)放送
スゴ技Q 「失敗なし!アレンジコロッケ」
今回の特集は「コロッケ」です。アレンジコロッケ開発達人 コロッケ西郷亭店長の和田慶子さんに、衣がはがれにくいコロッケの作り方を紹介して
もらいました。
 和田慶子 「カレー味の野菜たっぷりコロッケ」

バッター液を使用することで卵の節約にもなっているので家計にも優しい方法の様です。関西などでは串カツのお店がいっぱいあるのでこのバッター液の方法を知っている人も多いようです。串カツパーティーなどを家でやる時はバッター液を使用すればその場でつけて揚げることができるので簡単で盛り上がりそうです。

この記事を書いたユーザー

ぴか このユーザーの他の記事を見る

静岡生まれ、大学は北海道、その反動で定職にもつかず卒業後は沖縄にて、半年ほどチャリダーをして島々をまわり、東京でお金をためてインドで3ヶ月バックパッカーに、日本に戻ってからは大阪で生活していたが結婚を期に実家の静岡で農業をやるも、考える所があり現在は再び沖縄で生活中の2児の父親です。

得意ジャンル
  • ゲーム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス