生野菜ではない弁当がおすすめ

弁当のみで食費を減らしていく方法は、半額まで値段が下がったりした弁当をたくさん購入し、冷凍する方法。
保存した弁当は、1か月は持ち、買ってから帰って、すぐに冷凍しましょう。そしてご飯を炊いて、半額まで値下がった惣菜などを一緒に食べてください。
お店はスパーや、デパ地下、ディスカウントストアなど

買い物頻度は自由で、忙しければ土日まとめて購入でもよく、仕事帰り、デパ地下に行って、半版の弁当を買ってみることもいいでしょう。
ですが、目安では定価300円以下のものなら2割引き当たり240円から目をつけていいです。

曽曽ひて、時間帯が重要であり、その時間でなければ半額や、それに近い品を狙うことができなかったり。最大割引されている品が出やすい時間帯として、
スーパーは午後3時~午後8時
24時間スーパーなら、午後8時~深夜2時
コンビニでは午後5時あるいは午後6時~閉店


お弁当はなるべく生の素材が入ってないものを選びます。
そうしないと食感がよくならないからです。
平日ランチタイムは、お届けがストが1食300~390円で出前を提供してます。1件の注文が消費税含め1500円以上。
他には、送料がかかるものにはイオンネットスーパーは298円、西友ネットスーパーは298円ですから、試してみましょう。


簡単にドリンク代を節約

私は面倒くさがり屋ですが、マグボトルを使い手軽に節約してます。
会社で働く方にはおすすめ。用意するものはマグボトルで、保温付きのものを。大きさは350mlでも500mlでも。
洗いやすいものを買ってください。
ティーバッグ
これは1リットル用のものを。
お茶の作り方は、マグボトルの中にティーバッグを入れて熱湯を注ぎ、最後蓋を締め5分放置で完了。
足りなくなったら、熱湯を足すだけです。1リットル用ですから、ティーバッグを変える必要もありません。
濃い味、薄い味など好みがあって、その時はティーバックを取りかえてください。
これで缶コーヒーや午後に飲むドリンク代などを節約できます。


冷凍保存や弁当箱で工夫

食事は生活するうえで切り離せないもの。具合が悪いときは全く食べないで過ごしたりすることがほとんどです。
毎日一生懸命働いても、光熱費などや食費で出費がかさみます。
週末の日曜など買い出しに行く習慣をつけてみてください。その前に一週間のスケジュールと朝昼晩の献立を考えて。
一人暮らしの方でも大きなパック食材をかい冷凍保存する習慣を。肉野菜は冷凍しておくことが大事。
たまに外食もいいですが、基本は弁当持参の方が安上がりで、職場によってはレンジがありますから、保温効果がある弁当箱を買っておきましょう。
夜のごはんですが、買いこんだ材料を少しずつ利用しましょう。じゃがいも、玉ねぎなどは小売りのものがいいです。カレーや肉じゃがなど調理の幅が広くて腹もちいい料理が作れます。
食べ盛りのお子様がいればどんぶり物が節約でき、おなかも膨れて材料が少なくできます。
家族が多い家庭では、業務用の調味料などを買い込むことがいいでしょう。1週間の献立を決め買い物時の出費を減らせます。

料理を楽しくする節約術

キッチンの時間短縮は節約に大事で、それが可能な主婦の家の食卓は豊かなもの。

料理をなるべくまとめて作るのが一番の時間御節約。光熱費の節約にも。
冷凍庫のフル活用こそ、纏め調理の手伝いをしてくれます。

休みの日、時間が空いたときコロッケを田k栖案作り、作ったものは1つ1つラップに包んで冷凍。必要な時に使え便利。
刻んだネギをたくさん作り冷凍し、ラーメンにみそ汁、冷奴、刻み葱の使い道は無限にあって、料理の見た目も華やか。
刻んだネギは半日ぐらい日光に当てましょう。
こうしてみればビタミンDがついて栄養価も高くなり、干して水分を抜くことで、冷凍したねぎがパラパラ取れて、小分けにする必要がありません。
湯で物はまとめてゆでます。じゃがいもは、コロッケにしたり、サラダにしたり、みそ汁に入れたり、まとめてゆでてしまってください。
時間と光熱費の節約につながります。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス