大統領時代、収入のおよそ9割を寄付し質素な農場で暮らしていたことから「世界で一番貧しい大統領」と呼ばれたウルグアイのホセ・ムヒカ前大統領。
10月11日放送 Mr.サンデー(拡大スペシャル)で、彼が日本人・日本の子供達に贈った言葉がとても深く考えさせられるものだったのでご紹介したいと思います。

◆プロフィール

Licensed by gettyimages ®

ウルグアイ第40代大統領(任期2010年3月1日ー2015年3月1日)
氏名:ホセ・アルベルト・ムヒカ・コルダノ
生年月日:1935年5月20日
出身地:ウルグアイ、モンテビデオ

◆世界一貧しい大統領!?

Licensed by gettyimages ®

大統領に与えられる豪華な邸宅には住まず、クレジットカードや銀行口座も持たず、郊外の農場で畑仕事と養鶏をして暮らしていたそうです。
何よりすごいのが、大統領時代収入の約9割を寄付し、自身はウルグアイの平均月収で生活を送っていたのです。その理由が「自分が得た収入は貧しい人と企業家のために役立てて欲しいから」。

『凄い』と言う言葉しか出ません…。

◆心に沁みる!名言の数々

Licensed by gettyimages ®

貧乏なひととは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ

出典 http://newclassic.jp

政治の世界では、彼らを分け隔てる必要があります。お金があまりに好きな人たちには、政治の世界から出て行ってもらう必要があるのです。彼らは政治の世界では危険です。お金が大好きな人は、ビジネスや商売のために身を捧げ、富を増やそうとするものです。しかし政治とは、すべての人の幸福を求める闘いなのです。

出典 http://www.huffingtonpost.jp

◆心に突き刺さる!リオ会議での衝撃的なスピーチ

出典 YouTube

◆みんなの心に響きました!

◆日本の子供へのメッセージ

恥ずかしながら、私はテレビを見てムヒカ前大統領について知りました。この記事が、ムヒカ前大統領を知って頂くきっかけになれば嬉しいです。

クストリッツァ監督による「ムヒカ大統領の人生」映画化も決定しているとか!?今後も目が離せませんね!

この記事を書いたユーザー

kuu このユーザーの他の記事を見る

新商品を試すことが大好きな専業主婦です。
新鮮な情報をいち早くお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス