お金があっという間に無くなってしまう。

Licensed by gettyimages ®

ランチや外食、洋服にもあまりお金を掛けていないのに、お金をすぐに使い切ってしまうという方は、実は「カフェ代・ドリンク代」の出費が多いかも知れません。今日はお料理が苦手な方、忙しい方でも出来る「タンブラーを持ち歩く生活」で出来る節約についてご紹介します。

雰囲気の良さ、Wi-fi等が繋がる快適性などから、値段が高くてもカフェの人気が途絶えることがありません。でも、費用の高さを懸念する声も多いのが現状です。

テスト期間中にほぼ毎日カフェで1日を過ごす学生さんも多いようです。フードを頼まなくても、ドリンクを3杯も頼めば1,000円以上になる可能性が高く、結構な出費になります。

カフェだけではなく、自動販売機の利用率が多い方も知らぬ間に出費をしているケースが多いです。特に会社員で1日中オフィスに居るという方は1日に3・4本の缶コーヒーを買う方も珍しくありません。

スターバックスのタンブラー持参割引。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

カフェに行く頻度が高い方は、ぜひタンブラーの持参をおすすめします。最近は男性でもタンブラー持参の方が増えてきました。

ドリンクをご購入の際、ご自分のタンブラーやマグカップをお持ちいただくと、資源の節約にご協力いただいたお礼として、20円値引きいたします。

出典 http://www.starbucks.co.jp

今や多くの学生、会社員、主婦などの方々がスターバックスに訪れています。毎日1度は利用される方、1日に何度も利用される方は、タンブラー必須でしょう。持ち歩く手間はありますが、かなりお得です。

タリーズコーヒーの、タンブラー持参割引。

出典 http://spotlight-media.jp

タリーズコーヒーでも、タンブラーを持参していると割引を受けることが出来ます。ドリンクのお値段が高めなカフェは、タンブラーを持って行くと良いでしょう。

タンブラー・マグをタリーズコーヒーの各店舗に持参していただき、その容器を利用してドリンクをご購入されたお客さまには資源節約へのご協力のささやかなお礼として、全てのドリンクを¥30引きさせていただいております。

ドリンクカップの利用を軽減することで、環境への負担を軽減することが出来ます。タリーズコーヒーでは、タンブラー・マグのご利用をお勧めしています。

出典 https://www.tullys.co.jp

タリーズコーヒーの嬉しい取り組み。1杯につき30円オフは嬉しいですよね。平日毎日、タリーズに行くという方は30円×20日=600円の節約。こうして考えると金額は少ないかも知れませんが、カフェ利用以外でもタンブラーを持っていると便利です。

粉末のコーヒーや紅茶を持ち歩く。

出典 http://www.amazon.co.jp

オフィスなどにお湯さえあれば、いつでも使えるのが、この粉末タイプ。オフィスに常備しておいたり、お湯が無い場合はお出かけ前にお湯に粉末をとかして行くのも良いでしょう。1日1杯でも節約できると、かなりお得になります。

家でコーヒーや紅茶、麦茶や緑茶を入れて持って行くと、買った時の1/10くらいの値段で済みます。麦茶のパックは50パックほど入って198円とかで売ってます。1パックで1リットルくらいの麦茶が出来ます。500mlあたり2円です。500mlのペットボトルのお茶を買うと120円位ですから、それに比べたらタダみたいなものです。

出典 http://lifeplatinum.net

これなら忙しい独身男性にも取り入れやすいですよね。節約したお金で出来ることが沢山ありますので、ぜひチャレンジして欲しいです。

お水はペットボトル持参。

Licensed by gettyimages ®

外出中でもこまめに水分補給をするには、ペットボトルのお水が便利です。お水も1本100円程度しますので、荷物がかさばりますが、バッグにスペースがある場合は持ち歩くと便利でしょう。1日に1.5Lから2Lの水分を摂取する私たち。その一部でも自分で持ち歩くことで、節約できる金額はかなり増えてくることでしょう。

美容や健康のためにも、普段の水分補給にはお茶もしくはお水をおすすめします。コーヒーやジュースはたまに飲む程度にしておいた方がいいでしょう。もちろん、ジュースを買うときもスーパーを利用するとか、コーヒーは職場でインスタントコーヒーを淹れるなど、節約することも忘れないでください。

出典 http://manetatsu.com

特に夏の出費はもっとも多くなりがちですので、今のうちに節約の習慣を身につけてみてはいかがでしょうか。

家族で節約をすれば、1年で結構な金額に…。

Licensed by gettyimages ®

1日2本のペットボトルを購入するとしたら、150円×60本=9,000円。全くカフェに行かないにしてもこれだけの金額がかかります。特に、夫婦ふたりとも共働きという場合は、2人で節約すればかなりの金額になります。ぜひ、毎日の節約を心がけて、健康と貯金の両方を実践してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

山本明日香 このユーザーの他の記事を見る

講談社:VoCE読者ブロガー「VOCEST」3期生。スワロフスキーアーティスト。ヨガ、ストレッチを中心としたボディメイク、ヨーロッパのファッション・ライフスタイルなどを発信するのが得意!ダイエット検定1級取得。Webライティング能力検定1級合格 ◆美容ブログ:http://ameblo.jp/asukaproduce/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス