ノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智先生は、実は科学者だけではありません。過去には美術館を建てたり、温泉のオーナーだったり、蕎麦屋まで作ってしまうほど多趣味かつ多才な顔を持っています。そんな大村先生の化学者ではない別の顔と誰もが唸る彼の名言にただただ尊敬するばかりです。

ノーベル生理学・医学賞受賞

2015年10月5日に発表されたノーベル生理学・医学賞では北里大学・特別栄誉教授の大村智氏が、続く6日に発表されたノーベル物理学賞では東京大学の梶田隆章氏がそれぞれ受賞した。

出典 http://www.nikkeibp.co.jp

大村氏は熱帯地域で流行する目の寄生虫症に対し、大変効力のある抗生物質を発見しており、この功績が今回の受賞につながっている。

出典 http://news.livedoor.com

大村先生の妻への想いに目頭が熱くなる

妻・文子さんは、16年前にガンで他界されています。彼女は大村先生を影から支えた最大の支援者で、同志のような存在でもありました。
大村先生は記者会見で、「研究者として一番大変だったときに苦労して私を支えてくれた最大の理解者だった。ノーベル賞受賞の知らせが来たとき、真っ先に心の中で文子に報告した」と語っています。

結婚前のエピソードとして、文子さんの兄、秋山昌広さんによると、「貧乏学者とどうやって生活するんだ」と父から結婚に猛反対されました。が、しかし、母が「将来、並々ならぬ人になる」と、土下座して泣きながら説得したと言っています。

昼は東京理科大の大学院、夜は教員、夜中に次の授業の準備をする日々

教員の仕事をしていた時、働きながら夜懸命に勉強する生徒達の姿に感銘を受けたという大村先生。当時の大村先生はとても忙しく、昼間は大学院へ通い、夜は教員の仕事、夜中には授業の準備をするという過酷な生活をしていました。そんな生活がたたってか、やせ衰えて病人のようだと言われていたのですが、学生時代のスキー長距離と比べてまだ楽だと思ったそうです。

絵画の鑑賞眼はプロ級!趣味高じて美術館建設

2007年には故郷の山梨県韮崎市に「韮崎大村美術館」(一般510円)を設立。美術品の購入費と建築費など総額7億円以上をかけた施設で、新築のまま同市に寄付した。大村氏のノーベル賞受賞を記念し、同美術館は13日まで無料公開することが決まった。

出典 http://1000nichi.blog73.fc2.com

美術愛好家であり収集家である大村氏は、ふるさとに私費で韮崎大村美術館を建設し、収蔵品をすべて韮崎市に寄贈している。

出典 http://toyokeizai.net

温泉も掘る 隣には蕎麦屋も

大村氏が私財を投じて作った露天風呂を含む「武田乃郷 白山(たけだのさとはくさん)温泉」(大人600円)と「そば処 上小路(かみこうじ)」も美術館に併設されている。

出典 http://1000nichi.blog73.fc2.com

「この辺は必ず掘れば温泉が出る。温泉があれば地域の人も観光客も来てくれる」との大村氏の狙いによって建設された。

出典 http://toyokeizai.net

先生には美術館の隣に温泉を掘ってしまったというすごいエピソードもあります。シルバーウィークには450人が訪れており、とても人気のある温泉です。”絵画を見てから温泉に浸かり、お腹が空いたら蕎麦を食べる”なんて至れり尽くせりなんでしょうか。今までのエリート科学者とは違うユニークさが市民にうけているんでしょうね。

大村先生の心に焼きつく名言集

「人のためにやることをやれ」

「人の真似はするな!真似をやったらそれを越えることはできない」


「努力もう一晩」

「1回失敗してそれでだめだと思ったらだめですね。失敗したからよかった、これは絶対役に立つと思いながら続けることが大事ですよね」

「いろいろやりたいことはあると思うけど、これやると失敗する、じゃなくて、やってみようという気を絶えず起こさなきゃだめ」

この記事を書いたユーザー

sakura cherry このユーザーの他の記事を見る

Spotlight公式プラチナライター。灼熱の地UAEに暮らす色々書いてる人。ブログもやってます!
ブログ>>http://ameblo.jp/maomao2015/
twitter>>@maonyan2015

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • ライフハック
  • 料理
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス