キッチン電気代節約のために

電気代節約は財布以外に地球にやさしい。

手軽にお湯わかしできて、保温可能な電気ポットは便利ですが、ずっと保温しておけば電気代気になってきます。

そして光熱費節約なら、湯はコンロで沸かし魔法瓶保存なら安く済みます。
コンロで沸かすことが面倒なら、電気ポットで毎回利用する分だけ水を温め保温機能は使用しないようにしてください。
炊飯器でご飯が炊ければ、自動的に保温に切り替わったりするものがあって、これは電気ポットと同じように保温で電気代がかかります。
まずご飯が炊けたら、電源を抜く、蒸らしは余熱で十分。

現代生活になくてはならないもので電子レンジを効率よく利用するには注意することがあります。

電子レンジはこまめに使っていて、温め機能が弱ってないでしょうか。以前は30秒でできたのが、遅くなったり。
このマイクロ波はレンジの中のごみまで作用してしまい、レンジ内にゴミがたまれば、余計電力がかかります。
これの節約には、こまめに掃除をしましょう。
そして電子レンジですが、時計機能がついていたりして、プラグ差しっぱなしは電気代無駄。面倒でもこまめに抜きましょう。
そして、温めるにはまずラップ。これで熱も逃げなくていいです。そして電子レンジが汚れることも防げます。
冷凍したものは、自然解凍に頼って、レンジの解答は急ぎのときのみにしてください。


努力なしの節約術

節約と言えば家計簿や、制約を設けて気張ってしまうといったイメージがあるでしょう。ですが、きがるに節約できる方法も。
トイレを流すには、レバーに大・小と書かれていれば、使い分けるだけでいいのです。
こまめに小で。
従来のものは、流れる水量が多かったですが、最新のものは、少な目。

死はランされているラップは30センチぐらいのものが多いですが、実際には大きすぎることも。それならラップを箱ごと切り、15センチ幅2本で使ってください。
また、ちょっとした茶わんやおにぎりなら、十分。自分で使いやすい大きさなら、その大きさで。そして通常のものと使い分けてもいいでしょう。

意外に忘れがちなことは、買い物方法で、カートなら買いすぎる傾向があって、まとめ買いは節約法となりますが、そうでなければ、買い物かごを手に提げ買い物してください。
これなら重さを感じますから、いらないものをなくせると思います。
車で購入する方は、運ぶのは楽ですからつい無駄買いしてしまいますので、歩きや自転車で行ってみましょう。

トイレペーパーの節約に

毎日使っていく生活用品がトイレットペーパーですが、まさに消耗品の代表。
ダブルロールではなくて、シングルロール選択で意外に節約になります。
その理由として、シングルのほうがダブルより長く、ドラッグストアで見比べてみましょう。圧倒的にシングルが長い。
ダブルのほうは厚みがありますが、長いもののほうがより長く使え値段もお得。
用を済ませたら、ウォシュレットで流し、ペーパーを使えば、消費量節約に。
アラブの国に行った時、古いトイレにも必ず用を足した後使うためのシャワーがつけたり、逆にペーパーはないことがほとんどだったです。

節約レシピの方法

1品何かほしければ、野菜をたくさん利用しましょう。
節約レシピの基本を知ってください。

材料は
朝作ったうどん汁
昆布 1センチ
大根 2センチ
白菜 葉を1枚
人参 3分の1
ウインナ 3本
ゴマ てきりょう
まずうどん汁が余ったらその中に昆布1枚
そして残った大根、白菜、ニンジン、ウインナーは食べやすい大きさに切りましょう。
そして、鍋を煮立てて、最初は強い火力で、煮立ってくれば材料をかたいニンジンから入れ、ダイコン、白菜、ウインナを入れ中火で煮込み、最後に弱火で煮込みます。
火力調整で節約を

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら