よく、貯蓄術や節約術などでは「まず100万貯めてみましょう!」と見かけます。しかし、なぜ100万が最初の目標なのでしょうか?そして、100万貯めるにはどうすればいいのでしょうか?

今回は目的から基本的な方法、考え方など、100万貯金するためのポイントを紹介します。

なぜ最初の目標は100万円なのか

Licensed by gettyimages ®

100万円貯めることにはどんなメリットがあるのでしょうか。

例えば万が一の時、半年間生活する費用となります。転職を思いたった時も引っ越し費用が準備できます。

■安心できる
100万円で半年間は生きることができます。
■自信がつく
100万円貯めたんだからもっと貯められるという自信につながります。
■保険のため
予期せぬ出来事があっても、ある程度なら安心。

毎月の貯金額を決める

Licensed by gettyimages ®

貯蓄の基本は、やはり積み立てです。毎月の積立額をいくらにするかは大いに悩むところですが、最初の目標金額を100万円に設定し、どのくらいの期間で貯めるかから逆算して毎月の貯金額を決める作戦がおすすめです。

また、毎月の貯金額を決めたあとは、貯めるお金の捻出ですが、固定費を優先して見直すようにしましょう。例えば、携帯のプランを見直して通信費を節約する、保険を見なおして保険料を節約するなどが挙げられます。

これに加えて、日頃のコンビニ買いや被服費を少し見直すだけで、1万円以上変わってくるでしょう。

自動で貯められる仕組みを利用する

Licensed by gettyimages ®

毎月目標額を決めてこつこつ貯めるにしても、なかなかしんどいもの。そんな時は、お給料から自動的に貯金用の口座に移してくれる、天引き貯金や財形貯蓄がおすすめ!自動で貯められる仕組みを作ってしまうと、貯金が断然楽になります。

また、ある程度貯まったところで、定期預金などにするのもおすすめです。金利の差は微々たるものですが、日頃と違うところに溜めたほうが引き出してしまうリスクが下がります。

100万の次は300万を目指す

Licensed by gettyimages ®

まずは100万円、次は300万円を目指しましょう。

それぞれの過程で、まとまった金額が必要なライフプランがいろいろと待ち受けているはずです。それらの費用を払っても目標金額を目標の期間で貯められるように事前にプランを考えておきましょう。

結婚、車の購入など、それぞれの時期に一時的に貯金の残高が減ることもありますが、ライフプランを見積もっておいて、それを見込んだプランを考えるようにしましょう。

こうやってステップを踏んでいくことで、貯める習慣を身に付けることができれば、目標とする金額を貯められる日は遠くありません。まずはいつまでに100万円を貯めたいかを考えてみましょう。

この記事を書いたユーザー

たつや このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • マネー
  • インターネット
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス