155平方メートルの部屋!? 
ハハハ俺のワンルームマンションの7倍以上だ・・・4人家族でもこの半分くらいの広さなのに、ここで1人で寝ているの?

さて、この部屋の正体は・・・・

病院の特別室です。

テレビも3台あります

さて、このお部屋ですが、入るとまず受付があります。
不審者の潜入防止と言うことでしょうか?まるで会社ですね。

そして、会議室や談話室があり、キッチンには冷蔵庫や電子レンジもついています。
ドレッサーやウオークインクローゼットもあります。
テレビは3台。もちろん、ネット接続もできるしBSも見れます。

ベッドルームは48平方メートルもあります。

ベッドルームだけでも、俺のワンルームの部屋の2倍以上じゃん!!
と言う声が聞こえてきそうですね。
トイレは2か所あります。

もちろん個室です。

(タイトルの画像は、病室ではありません。イメージ画像です)

お金持ちは良いよなぁ~

天皇陛下が2012年2月に、狭心症の手術をされたときに、この病室を使用されました。
やはり、このような豪華でセキュリティーにも万全対策を取っている特別室を使うのは、VIP級の人たちだけのようです。

入院するときは、事務員さんから「大部屋にされますか?個室になさいますか?」と尋ねられます。
大部屋なら部屋代は無料ですが、

「隣の爺さんのイビキが凄くて、まいったよ。
ベッドを動かして廊下に放り出すわけにもいかないし・・・
昼間ウトウト寝ていると、検査で起こされたりするし。ああ~、これでやっと家でゆっくり寝れる」

などと退院時に言っている人も少なくありません。
そして、「金持ちは良いよなぁ~。個室に入院できるから」と・・・・

さて、この豪華個室のお値段は??

これだけ豪華だと、個室料金も高いんだろうなぁ・・・と思いますよね。ずばり、お値段ですが

 1日19万4400円(税込み)です。

はあ~~~、とため息が出ますね。

安倍晋三首相は・・・?

安倍晋三首相が2007年9月に入院されたときの個室は、76平方メートルの個室でした。
天皇陛下の約半分の広さですね。

現在、1日8万6400円のお部屋です。(当時は84000円)

入院しなくていいのが一番!

個室にしろ、大部屋にしろ、入院しないのが一番GOODですね。

たとえ、わずか20平方メートルに満たない、ワンルームマンションの狭くて使い勝手の悪い部屋で生活していたとしても・・・・
毎日静かに眠れるのなら、住めば都かもしれません。



(参考書物:別冊宝島2149号 「知られざる医者の世界」2014年4月15日発行
  p108、p109)

この記事を書いたユーザー

不死身のひみこ このユーザーの他の記事を見る

患者からの目線と元医療従事者としての目線とで、医療や健康に関する記事をメインに書いています。
4度の手術に膠原病でバツイチで・・・と波乱万丈の人生ですが、”人生に喜びや笑いを添付したら結果は出るはず!”という「喜笑添結」で毎日を過ごしています。

得意ジャンル
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス