秋風は中学三年生の女の子だ。


由美子のいじめはしばらく続いた。


最初8人くらいに


秋風と口を聞くな!!って言ってたようだ。


今まで仲良かったはずなのにみんなして口を聞かないし


秋風は変だなと思った。


そのうち・・・ずっと仲良しだった部活が同じのりちゃんとバトミントン部の

ジャガー横田がまた口を聞いてくれた。



秋風は凄く気が楽になった・・友達って有難い!!


秋風は運動部だったし、


やっぱり運動部さっぱりしてると思った。のりちゃんと秋風は部活でも


仲良しだった。


バトミントン部のジャガー横田は凄く凄く運動神経がいい。

でもダンスが苦手だ。



ジャガーは部活が終わってからも秋風とは廊下で一緒に暴れていて

元々男の子みたいな子だった・・・・秋風はジャガーが大好きだった。



「将来は一緒に女子プロレスラーにならないかぃ?」て


プロレスの技も秋風に沢山教えてくれた。


誰も口を聞いてくれない日々は続いたが、ある日


「いや~!ダメだわ!!秋風と口きかねぇーーと窒息するわ!!」って


由美子のいうことをジャガーは聞かなくなった。


秋風は嬉しくなった。



のりちゃんは、教室で口を聞くと由美子にに脅されるので外で聞こうって言った。


由美子を怒らせると怖いのだ。



のりちゃんは部活では半ばマネージャーぽぃ子だった。


秋風は少し心に余裕が出てきて様子を観察ができるようになってきた。



由美子は相変わらず必死でそれでも秋風をパズそうとしてる。


秋風はのりちゃんとジャガー以外友達でいる気はもうなかった。


のりちゃんの年子のおねぇちゃんが秋風の野球部の友達のファンらしく


秋風のことも悪く思ってない。



のりちゃんの年子のおねぇちゃんは


かわぃくて小さくていい人だ・・。のりちゃんも小さい子だ。


のりちゃんの年子のお姉ちゃんに秋風はもらった写真をあげたりしてた。


野球部の木島は秋風に自分の写真をあげる事が趣味だった。



秋風はまだピヨと付き合っていたが本当に好きなのはお弁当だったと

気づいた。


由美子はヤリチンマンにミトンをプレゼントするとかで


お母さんに作って貰って自分が作ったっていう予定みたい

由美子の母は由美子のためならなんでもする。


その噂をのりちゃんがスパイ的に流してくれる



西野さんって女の子は、由美子と同じ都内の私立を受けるので

脅されて!受けるな!!と言われたみたぃ・・



のりちゃんがスパイになって秋風に教えてくれる



教室で口を聞かないのでできる技だった。



茂木さんって女のこは由美子が、ヤリチンマンにあげるマフラーを500円で

編めって言われたみたい・・・由美子は段々みんなの信頼を失って行った。



でも怖くて誰も逆らえないみたい・・・。


秋風はなるたけヤリチンまんと口を聞かないようにしてたけど・・・

ヤリチンマンは、


「そのリップ買ったの?原宿~~~?」とか言って話かけてくる



秋風の兄と同じ学校をうける大きい声のシンヤくんは、



「秋風はそういう色のついたリップやめなさぃ」って

取り上げたりしてティッシュくれたりする・・。


秋風の兄は都内の中高一貫校に中学から通っていた。




ヤリチンまんは・・秋風と将くんとジャガーの

グループに入りたそうだったけど・・由美子が怖いので


秋風はこないで欲しかった・・・でもヤリチンマンは



「秋風~・・そのリップ俺にもちょーだい!うまそう」とか言って


話かけてくる・・チェリーとかバニラの味がついてる・・。

すると・・

由美子がまた秋風の前に仁王立ちだ!!!



将くんが怖くて退いていた・・・。



なんだ!!!ろ!



「ヤリチンくんは!!秋風なんか嫌いだから~ねぇ~ヤリチンくん!!」とか



言ってヤリチンに微笑んでる・・。


秋風は第一志望の私立にうかって勉強は止めた・・。県立はたぶん

うかる。














この記事を書いたユーザー

愛世界 このユーザーの他の記事を見る

こんにちわ 愛世界です。心に止まった事をお届けできたらと思っています。
誰かを忘れられない貴方へというブログをやってます。
http://ameblo.jp/aisekai25/

得意ジャンル
  • おでかけ
  • 育児
  • 料理
  • テレビ
  • エンタメ
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス