2011年3月11日東北地方太平洋沖地震。あの日の出来事を私達日本人は忘れてはいけない。忘れることもないだろう。大地は揺れ黒く大きな波は街と人を飲み込み、私達は深い悲しみとこの世のものとは思えない光景に絶望を抱き、自然の脅威はあまりにも多くの人々に苦しみを背負わせたあの日。しかし、私達はあの想像もできなかった現実を受け入れ、歯を食いしばり手を取り合い立ち上がってきました。

4年、皆さんはメルトダウンしてしまった福島第一原発周辺がどうなっているのかご存知ですか?現在でも避難区域になっている原発がら20キロ圏内にある福島県双葉郡にポーランドのフォトジャーナリスト、Arkadiusz Podniesinskiが、取材クルーと共にドローンを使いながらの撮影に入り現状を伝えてくれました。

出典 http://www.dailymail.co.uk

道路だった道は4年の歳月と共に草木にゆっくり飲み込まれていきました。置き去りにされた車やバイクもゆっくりとしかし着実に深い緑に抱かれようとしています。

出典 http://www.dailymail.co.uk

第一原発から20キロメートル圏内にあった公園のゴーカート。今まさにスタートをきろうとしていたかのよう。このカートに乗ってた人達、無事だといいな・・・

出典 http://www.dailymail.co.uk

線量を計るガイガーカウンターのメーターは6.794uSV/hを示しています。

出典 http://www.dailymail.co.uk

大地を削った爪痕が残ってるこの場所に放牧されている牛はこの地に残った吉沢正巳さん(60歳)がお世話をしているそうです。取り残された牛を見殺しにはできなかったという吉沢さんは最後の一頭が死ぬまでお世話をすると言い切ります。

出典 http://www.dailymail.co.uk

この黒い物体何だと思いますか?

出典 http://www.dailymail.co.uk

この黒い物体の正体は、ドローンで撮影された汚染土を入れた袋の量。もの凄い数です。汚染土袋が置かれている土地の所有者には、いずれこの土を撤去すると告げられているそうです。しかし、いつになるかまったく予定は立っていないとのこと。

時が止まったよう・・・

出典 http://www.dailymail.co.uk

Podniesinskiさん、双葉郡を訪れた第一印象を「そこだけ時が止まっている」と感じたそうです。この画像は蜘蛛の巣が張り巡らされてしまったスーパー。棚に陳列されていた商品はすべて落ち床が見えなくなっています。

出典 http://www.dailymail.co.uk

本屋さん

出典 http://www.dailymail.co.uk

あの時から動くことのない自転車

出典 http://www.dailymail.co.uk

床が陥没した体育館。舞台には卒業証書授与式の垂れ幕が・・・

出典 http://www.dailymail.co.uk

お箸やお皿が並んだままの宴会場。楽しい宴が始まるはずだったのに・・・

出典 http://www.dailymail.co.uk

校内もあの当時のまま。本当に時が止まっていますね

学生達が残していった黒板の文字。「必ず復興する」「心を一つに」「福島は強い」という文字が読み取れます。

あの日から時が止まったままの福島第一原子力発電所周辺。避難指示は徐々に解除されつつありますが、解除されたからといって、町にすべての住民が帰ってくることはもうありません。今でも帰ることを躊躇っている方がいるのも事実。数えきれない多くの人が悲しみを背負い、数えきれない多くの人が故郷を想う。大震災の爪痕は今も多くの人々に重く暗い陰を落としています。それでも私達は強いんです。立ち上がり前に進みます。様々な思いが交差しているのかもしれませんが、まずはすべての地域の帰宅困難区域、居住制限区域が解かれますように。そして、時が動きだしますように。ご訪問ありがとうございました。

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス