PRIDE崩壊から8年後の2015年10月8日、日本列島に衝撃!

総合格闘技イベント「PRIDE(プライド)」が「RIZIN(ライジン)」と名称を変えて復活する。8日、都内で行われた記者会見でPRIDEの生みの親の榊原信行氏が、12月29日、31日にさいたまスーパーアリーナで「RIZIN FIGHTING WORLD GP2015」を開催すると発表した。

 07年3月に米総合格闘技団体UFCにPRIDEを売却し、格闘技界からの引退を発表した榊原氏は「ここから10年、命がけで日本の格闘技、世界の格闘技のために全力を尽くす」と話した。統括本部長として再びコンビを組む高田延彦氏も「人類最強のファイターを集める世界最高峰の舞台を作る」と意気込んだ。

 大会は8選手によるヘビー級トーナメントを軸に、29日には桜庭和志-青木真也の対戦が組まれ、31日には12年に引退したエメリヤーエンコ・ヒョードルが復帰戦を行う。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

PRIDEがRIZINに名称改め12月に復活へ 日刊スポーツ

伝説の格闘技イベント「PRIDE」とは…

PRIDE(プライド)は、1997年から2007年まで開催されていたイベント興行会社ドリームステージエンターテインメント(Dream Stage Entertainment、略称はDSE)が主催する総合格闘技の興行。2007年よりPRIDE FC WORLDWIDE社がブランド及び興行権を保有している。海外でのイベントの名称はPRIDE Fighting Championship(略称はPRIDE FC)。キャッチコピーは「世界最高峰の舞台」。
2000年代前半の総合格闘技においてはUFCと並び世界最高峰の大会であり、日本における総合格闘技人気の火付け役となった。

出典 https://ja.wikipedia.org

2007年、イベント消滅するも…

2007年3月27日、東京・六本木ヒルズアリーナで記者会見が行われ、DSEはアメリカの総合格闘技イベントUFCおよび同イベントを主催するズッファ社のオーナーであるロレンゾ・フェティータに興行権を譲渡するとともに、本社を米・デラウェア州に置く新会社「PRIDE FC WORLDWIDE (Pride FC Worldwide Holdings, LLC)」の設立が発表された[3]。4月8日のPRIDE.34がDSE体制として最後の興行となった。

だが、2007年5月に開催予定だったライト級グランプリは準備不足のため夏に延期になるなど、新体制発足後は興行開催の目途が全く立たない先行き不透明の状態が続いた。そのため提携先のUFCやDEEP、さらに最大のライバル団体であったHERO'Sへと選手が流出した。また、2007年4月17日にDSEが開いた臨時株主総会で法人解散を決議したことが官報に公示された。

2007年10月4日、PRIDE FC WORLDWIDE日本事務所の解散と運営スタッフの解雇がなされたことが報じられ、PRIDEは事実上消滅した。これについてPRIDE FC WORLDWIDE側は、事務所の解散およびスタッフの解雇は日本でのイベント開催が不可能になったことに起因するもので、それらは旧DSEの元役員の協力不足によるものであるとする声明を発表した。

その後もPRIDEの権利はPRIDE FC WORLDWIDEが保持しているが、2008年2月にアメリカでPRIDE FC WORLDWIDEと関連会社が榊原信行らを相手取り協力不足や情報開示がされなかったこと等を理由に、これまでに支払われた金銭の返還とPRIDEを維持する義務の免除を求める訴訟を起こした。

これに対して、榊原側はPRIDEの興行継続を断念したことは契約違反だとして、フェティータ兄弟とPRIDE FC WORLDWIDEを同年4月に訴えている。

PRIDEの消滅に伴い、ここを主戦場としていた選手らの多くは各所に流出していった。2008年度前半期には、UFCへと流出した元PRIDE選手らが、UFCのヘビー級からミドル級までの3階級を全て制覇し、UFC王者の過半数を元PRIDE選手が占めるという事態が起こった。

出典 https://ja.wikipedia.org

事実上PRIDE最終興業「やれんのか! 大晦日! 2007」

やれんのか! 大晦日! 2007 Supported by M-1 GLOBAL(やれんのか おおみそか にせんなな サポーテッド・バイ・エムワングローバル)は、日本の総合格闘技イベント。2007年12月31日、埼玉県さいたま市のさいたまスーパーアリーナで開催された。


日本の総合格闘技イベントPRIDEが2007年にアメリカの総合格闘技イベントUFCのオーナーに買収されるも活動を停止。行き場を失ったスタッフと選手が、日本で格闘技イベントを手がけるFEGとDEEP、アメリカで新たに旗揚げするM-1 GLOBALの協力を得て開催することになった大会である。

2001年から大晦日のさいたまスーパーアリーナでは格闘技イベントが毎年開催され、2003年からはPRIDEの大晦日版としてPRIDE男祭りがファンを集めていた。PRIDEが買収される前からスタッフが会場を押えていたことから、かねてから大晦日に旧PRIDEスタッフが大会を開催することは噂になっており、ファンの側もPRIDEの再開を望んでPRIDE10周年の10月11日にスタッフに1,000通のメッセージを送り、イベントの開催を後押ししていた。

PRIDEが活動停止している間に日本人と外国人の多くの選手がUFCやHERO'Sといった他の大会に流出した中、PRIDE再開の望みをかけていたPRIDE武士道参戦選手の青木真也、川尻達也、桜井"マッハ"速人、石田光洋らを中心に、M-1 GLOBALからPRIDEヘビー級王者のエメリヤーエンコ・ヒョードルが加わり、PRIDE末期のスポンサーらが発足させたワールドビクトリーロードの総合格闘技イベント戦極に参戦する瀧本誠やDEEP王者の長谷川秀彦も参加。旧PRIDEの日本人と外国人選手同士の対決、旧PRIDEの選手とK-1から派遣された選手との対戦いった図式でカードが組まれた。

出典 https://ja.wikipedia.org

日本の格闘技界は暗黒時代へ

PRIDE崩壊後の日本格闘技界は低迷の道を辿ります。PRIDE後継イベントとなった戦極とDREAMは短命に終わり崩壊し、PRIDEのライバル団体の立ち技格闘技K-1までも経営難で崩壊しました。(その後、新体制で復活)

2003年の大晦日には地上波テレビ三局が大会中継が組まれるほどの熱が帯びていた日本の格闘技界は暗黒時代に突入します。

今現在、日本の総合格闘家が試合だけで生活していくにはアメリカUFCでの契約を勝ち取るしか道がないというのが実情です。

そんな中で2015年に入り、PRIDE代表として格闘技界を盛り上げた榊原信行氏が「日本初の格闘技イベント」を立ち上げようとしているという噂が駆け巡りました。

2015年10月8日、東京・六本木で公開記者会見

2015年10月8日、総合格闘技の世界が新たに動き出した。東京ミッドタウン・キャノピースクエアの大型ビジョンには、「大晦日、格闘技、復活。」の文字。そして、約1,000人の格闘技ファンが集まる中、ステージにエメリヤーエンコ・ヒョードルが登場。彼の「出てこいや!」の呼び込みで、かつて世界最大の格闘技イベントを作った男・榊原信行が現れた。

出典 http://www.rizinff.com

新格闘技イベント「RIZIN」誕生!

「2007年3月、私は格闘技界からの引退を宣言しました。まずは、当時全力で支えてくれた選手やファンのみなさんにお詫びを申し上げたい。この8年、格闘技以外のことで情熱をぶつけられるものはないかと探し続けましたが、やはり自分のすべてをかけてチャレンジできる舞台は格闘技しかありません。もう一度命がけで、日本の格闘技、世界の格闘技のために全力を尽くします」

そして、榊原からイベントの名称が伝えられる。

「RIZIN FIGHTING FEDERATION」――日本人が失くしてはならない”大和魂”を表すこの名称には、「何のために戦うかを選手とファンが共有できる舞台」という理念を込めたという。

出典 http://www.rizinff.com

あの髙田延彦統括本部長が帰ってきた!!

榊原の「出てこいや!」の呼び込みで、当イベントの統括本部長に就任した高田延彦が登場。

「榊原さんとは11年間PRIDEで一緒に走ってきた。苦楽を共にした舞台は、自分にとって唯一のホームグラウンド。8年ぶりにこの場に立って、武者震いしています。この8年は、爆発力をしっかり蓄積できた最高の8年だった」と語ると、そこで大きな雄叫びを披露。

「(この雄叫びは、)栄光のPRIDEを応援してくださった全世界のみなさんへの、そして今回リングに上がるファイターへの宣言です。榊原さんと僕にとってRIZINは最後の場所。必ずやり遂げます」

続いて、榊原からイベントの概要が伝えられる。

「これは単なる大会ではなく、世界に向けた格闘技の祭典。30日のファンフェスタではレジェンドファイターにも集まってもらい、ファンとの交流の場を提供します」と、今回のイベントが試合日2日(29日・31日)、ファンフェスタ1日(30日)の3DAYSで行われることがアナウンスされた。

次に、JOC名誉会長・日本レスリング協会会長の福田富昭氏、そして当イベントのコンプライアンスを担当するサン綜合法律事務所の中村信雄弁護士が登壇。

「これまでレスリング界から多くの選手がMMAにチャレンジした。今後も変わらぬ支援をしていきたい。世界一のイベントになることを祈念します」(福田氏)

「コンプライアンスが重要な時代だからこそ呼ばれたのだと思っています。微力ではありますが、クリーンな大会として興行を成功させるために最大限努力します」(中村氏)

出典 http://www.rizinff.com

フジテレビの格闘技中継が帰ってきた!!

榊原より放送概要に関するアナウンスがなされた。「もちろんライブで見ていただくのがいちばんですが、このイベントは日本中、世界中にいる格闘技ファンに届けたい。そのためにどうしても放送環境を整えたかった」と語り、フジテレビ(地上波)とスカイパーフェクTV、アメリカ地上波ではUFCの成功を築いたスパイクTVで放送されることを発表。

さらにインターネット配信についても現在調整中であることが伝えられた。

この日はスパイクTVシニアバイスプレジデントのジョン・スロッサー氏と、ベラトール代表のスコット・コーカー氏も登壇。

「MMAの父である榊原さんと共にこのイベントに参加できてとても嬉しい。今の格闘技があるのは彼のおかげと言ってもいいでしょう。どの選手も素晴らしい試合を見せてくれるに違いない。我々も最高の製作チームを連れてくるつもりです。全力で取り組みます」(スロッサー氏)

「榊原さんが格闘技界に戻ってくると聞いたとき、この機会は絶対に逃してはいけないと思いました。彼は私が格闘技の団体を立ち上げたとき全力で助けてくれた。私はその恩を決して忘れていません。だから、彼が帰ってきたら必ず助けようと決めていた。そして、今日ついにその時が来たのです」(コーカー氏)

出典 http://www.rizinff.com

新格闘技RIZINのテーマは「完結」「息吹」「未来」

榊原代表はRIZINで「三本の矢」を提唱。

1、「完結」(かつての名選手から『もう一度さいたまで戦ってキャリアを終わらせたい』という声が多く、彼らの引退の場に)
2、「次の未来、息吹(いぶき)」(新しい選手のチャレンジの場に)
3、「未来」(サッカーでいえばチャンピオンズリーグやW杯のように、MMAなら「RIZINのチャンピオンシップに出たい」といわれるような場に)

出典 http://battle-news.com

ここで、榊原が当イベントのコンセプトを補足説明。

「以前、格闘技界では選手の取り合いなどがありました。私はほかのプロモーターと凌ぎ合いはしたくないので、今回は世界のプロモーターたちとアライアンスを組んで、各大会のトップファイターがチャレンジする舞台を主催者として作りたいと思っています。そこには3つのコンセプトがあります。1つは終焉を迎えようとする選手がもう一度熱狂の中で試合をするための『完結』の舞台。2つ目は、新しい選手のチャレンジの場である『息吹』の舞台。3つ目は、世界中のファイターの誰もが一度は出たいと願う『未来』の舞台。つまり目指すのは、ウィンブルドン、ワールドカップ、オリンピックのような大会です」

加えて、リトアニアのBUSHIDO代表ドナタス・シマナイティス氏、ブラジルのJUNGLE FIGHT代表ヴァリッジ・イズマイウ氏、イギリスのBAMMA代表デイヴィッド・グリーン氏ら、3名のプロモーターが登壇。

「榊原さん、このようなイベントに呼んでいただき感謝しています。いよいよ格闘技のオリンピックが始まります。世界の格闘技が変わりますよ。みなさん、大晦日にお会いしましょう」(シマナイティス氏)

「今回、日本に戻って来られてとても嬉しいです。これは日本の格闘技における新しいチャプターの始まり。世界最高のファイターが見られます。素晴らしいショーに呼んでいただき感謝します。サムライの国のみなさんも、この新しいイベントの誕生をきっと誇りに思うでしょう」(イズマイウ氏)

「まず榊原さんに感謝します。BAMMAをこの素晴らしい旅にお誘いいただきありがとうございます。MMAファンの一人としても、そしてプロモーターとしてもワクワクしています。このイベントはMMAにとって必要なものであり、榊原さんはまさにそのイベントをやるのに最適の人物。プロモーターのみなさん、共に頑張りましょう」(グリーン氏)

出典 http://www.rizinff.com

桜庭和志VS青木真也の寝業師対決決定!!

そして、いよいよ主役であるファイターたちが登壇。この日姿を見せたのは、桜庭和志、青木真也、RENA、ギャビ・ガルシア、そしてヒョードルの5選手。そして榊原より、「桜庭和志vs青木真也」(29日)の対戦カードが発表された。

「(桜庭選手に対し)最大のリスペクトを持っています。しかし、マットの上にあるのは現実。それを見せる試合をしたいと思います」(青木)

「いい試合ができるように頑張りますので応援よろしくお願い致します」(桜庭)

「大きな舞台で不安と怖さしかないけど、シュートボクシング世界王者として打撃の怖さ、打撃の技術で絶対に勝って、世界中の人にアピールしたいと思います」(RENA)

「世界に向けて、MMAで私が最高だということを証明します。女性の力を世界中に見せつけたい」(ガルシア)

「榊原さんがこの大会を提案してくれて、私は初めて復帰を考えました。日本に戻ってきてみなさんとまたこうして会えることを大変嬉しく思っています。みなさんの応援の力を借りて、いい試合を見せたいと思います」(ヒョードル)

会見は、格闘技の完全復活を熱望し続けたファンからの大きな拍手と歓声に包まれて終了。これからイベント本番に向けて、さらなるサプライズが発表されていく予定だ。大晦日まで、ひと時も目が離せない。

名称
RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015さいたま3DAYS
日時
2015年12月29日(火)開場14時30分 開始16時00分(予定)
2015年12月31日(木)開場14時30分 開始16時00分(予定)

※12月29日、30日、31日の三日間は、さいたまスーパーアリーナのコミュニティアリーナ及びけやき広場にて「格闘技EXPO」を開催いたします。

会場
さいたまスーパーアリーナ
主催
RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015実行委員会

後援:公益財団法人日本レスリング協会
協力:さいたまスーパーアリーナ、スカパーJSAT、スパイク、フジテレビジョン(五十音順)
アクセス:さいたまスーパーアリーナ埼玉県さいたま市中央区新都心8番地 【交通】JR京浜東北線、宇都宮線、高崎線さいたま新都心駅下車 徒歩すぐ
Twitter:@rizin_PR
Facebook:https://www.facebook.com/rizinfightingfederation

出典 http://www.rizinff.com

他競技からの参戦などのサプライズは続出するのか?

今大会はフジテレビで中継されることが発表されたが、榊原信行代表は「放送については最終調整中。生中継は時間的に難しいかな。どの時間で何時間放送されるかはこれからです」と、時間帯などは未定で生中継となる可能性は低いという。

 対戦カードについては、「世界の各プロモーションからトップコンテンダーを呼びたいので、日本人選手は全体の3分の1くらい。各プロモーションのトップなので、アジアのプロモーションからブラジル人選手が代表として出てくることもありえる」と、未知の実力を持った外国人選手が多く参戦するようだ。

 会見ではアメリカ、イギリス、ポーランド、リトアニア、ブラジル、中東のMMA(総合格闘技)プロモーションとの協力体制が発表されたが、協力プロモーションは今後も増える予定で、日本では「DEEP、修斗、シュートボクシング、パンクラス、ZSTと協力しましょうというお話をしました」という。

 基本的にはMMAの大会となるが、「他のルールも入れようと思います。MMAにそんなに固執してもいないんです。グラップリング(全ての打撃が禁止された組み技限定ルール)やヘビー級同士の立ち技でのぶつかり合いも見てみたい」と、MMA以外の試合も組むことを明かす。
(中略)
大みそかと言えば他競技大物選手のMMA転向や芸能人の格闘技挑戦などが思い浮かぶが、「サプライズは準備しています。随時、発表していきたい。芸能人は出ませんが、ニューカマーを求めています。これからの5~10年を引っ張ってくれる選手を生み出さないといけない。そういう選手を見つけたい」と、他競技からの大物選手の転向はありえるとした。

RIZINは年末の2大会だけでなく、来年からは最大で年4回の開催を予定。各階級の世界トーナメントが軸となる。今回は29日に1回戦、2日後の31日に準決勝・決勝という変則的なスタイルで行われるが、これはあくまでも実験で、違うスケジュールで行われることもある。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

あの金メダリストにもラブコール!女子部門を強化!

記者会見終了後、榊原信行代表は記者たちの囲み取材に応じ、「女子にはむちゃくちゃ力を入れる」と女子格闘技部門を強化していくと明かした。

「UFC女子世界王者のロンダ・ラウジーに負けない選手を作りたい。女子にもプロで輝ける舞台が出来て、ポテンシャルを発揮出来るようになった。PRIDEの時はまだ女子の格闘技はメジャーではなかったが、今は女子のレベルも上がっている。人類最強は男とは限らない」と、最強の女子選手を育てる気満々だ。

 榊原代表はレスリングの吉田沙保里、伊調馨の名前をあげ、「オリンピック後にそういう場所を用意して、そこにチャレンジしてきてくれれば素晴らしい」と、両選手に総合格闘技挑戦のラブコールを送った。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

世界のTKが帰ってくる?RIZINで復活か!?

榊原代表はRIZINに「マスターズクラス」を作るとの構想も明かした。

「どんなスポーツにもマスターズクラスがある。知名度があって、活躍した選手が年をとったら追い出されてしまうような状況を何とかしたい。40歳を越えても現役で戦える選手は入るので、マスターズクラスがあった方が夢が広がる。例えばルールを4点ポジションのヒザ蹴りはなし、グローブを大きくするとか。ホイス・グレイシーも、まだ戦いたくてしょうがないと言っていました。そういうカテゴリーにスポットを当てたい」


桜庭和志がこの先、マスターズクラスのエースになることもありえそうだ。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

もしかしたら"世界のTK"と呼ばれた伝説の格闘家・髙坂剛選手もRIZNマスターズクラスで復活するのでしょうか?

RIZINは団体ではなく最高の舞台を提供する協会

我々が目指す格闘技の未来。

それは世界中に数多ある格闘技プロモーションを一つにまとめることではありません。その国の文化や慣習や特色といったものが反映されたその団体が持つ独自色を保ったまま、強さを競い合う「舞台」を作り出すことです。

現在世界には、大小1000もの格闘技団体・プロモーションが存在すると言われています。その中から選りすぐられた団体の代表選手が集い、優勝を求めて参加する大会が「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND PRIX」(ライジン・ファイティング・ワールド・グランプリ)です。

世界中には、サッカーやバレーやラグビーなどのワールドカップ、世界陸上、世界水泳など、さまざまな大会・競技会が存在しています。

我々は、プロモーション(団体)ではなく、フェデレーション(協会)を立ち上げ、数多ある団体と競合するのではなく、競技会の主催者として、大会を開催・運営していきます。

「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND PRIX」は、各国の団体が参加する、まさに世界規模の「競技会=メガトーナメント」なのです。

我々は、この「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND PRIX」が、10年後も、100年後も変わらず行われるようなシステムを構築し、格闘技がオリンピック競技となり、格闘技が世界中の人々から文化として愛されるような取り組みを進めてまいります。

出典 http://www.rizinff.com

時は来ました。
旧PRIDE勢の逆襲。
日本格闘技界の逆襲。

RIZINが、今後格闘技界、日本や世界にどのようなインパクトやサプライズを与えることが出来るのか注目です。

「RIZIN!やれんのか!?」

この記事を書いたユーザー

ジャスト日本 このユーザーの他の記事を見る

ジャスト日本です。
ブログでプロレスをメインに取り上げてます。

プロレスをもっとメジャーにしたい。
プロレスをもっと世の中に広めたい。

そんな思いでブログ運営しています。

spotlightでもプロレス記事を中心に更新させていただき、一人でも多くの方にプロレスに興味を持ってもらえるように尽力します。

よろしくお願いいたします!

【ジャスト日本のプロレス考察日誌】
http://ameblo.jp/jumpwith44/

【俺達のプロレスラーDX】
2016年更新分 http://ameblo.jp/jumpwith44/theme-10094543345.html
2015年更新分 http://ameblo.jp/jumpwith44/theme-10094543338.html
2014年更新分 http://ameblo.jp/jumpwith44/theme-10081788013.html

【ぼくらのプロレス執筆記事】
https://bokupuro-ad.gsj.mobi/users/prof/401725

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス