どちらも自分達だけ

日本のプロ野球もメジャーリーグも大詰めになってきました。
CSやポストシーズンが始まります。

この時期になるといつも不思議というか不愉快な事があります。
メジャーがアメリカNo1を決める試合を「ワールドシリーズ」と呼ぶ事です。
本来は「アメリカシリーズ」であるべきです。

野球はアメリカが一番という認識があるのだと思いますが・・・
しかしながら、アメリカは自らが主導したWBCでも一度も優勝はありません。それどころか一線級を中々送り込んできません。
要はシーズン重視でWBCを軽視しているからだと思います。
オリンピックにメジャーリーガーを出さない事も同様です。

野球を世界中でメジャースポーツにしようという意図・意欲が皆無です。
自分達さえ良ければ良いというのが見え見えです。
WBCも分配金のおかしな構図がまかり通ったままです。

世界一を自負するならば、WBCを取りにくるべきです。
そして、WBCを勝てるまでワールドシリーズという名称は外すべきです。
世界一ではありません、アメリカNo1を決める試合です。

グレイシーも

グレイシー一族も似た面があります。
総合格闘技の世界での成績を見ても、グレイシー最強説は既に崩壊していると言っても過言ではありません。

グレイシー柔術の顔でもあるヒクソン・グレイシーが引退してからは存在感は日々薄れています。

そして、彼らは一切技術交流をしない事でも知られます。
稽古も自らの一族のみで行う様です。

柔術や総合格闘技をメジャーにしていくならば、もっと交流を深めトレーニング理論などを交換していくべきではないかと思います。

その中でグレイシー柔術が最強であるという事を証明すべきかなと。

共存共栄

共存共栄を目指さないスポーツに未来は無い気がします。

プロスポーツはファンあってのものです。
野球も総合もいつかファンから見放されてしまう危険を意識していくべきです。

野球に関してはWBCを連覇した経験を持つ日本の日本シリーズ優勝チームとの本当のリアルワールドシリーズこそ世界一のチームを決める試合であると思います。
いつか実現してもらいたいと思っています。

この記事を書いたユーザー

宮本文仁 このユーザーの他の記事を見る

フットサル、サッカーを中心にスポーツ全般好きです。
腕時計収集、ウエイクボード、スポーツ観戦、ファッション、釣り、アウトドアと多趣味男です。
海をこよなく愛している夏男でもあります。
スポーツは阪神タイガース、ガンバ大阪の熱狂的ファンです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス