近年話題の「断捨離」。

やりたいと思いつつも、できないという人も多いようです。

断舎離するときに一番悩ましいのは「どれを取っておいて、どれを捨てるのか?」ということ。そんな時は、以下の6つの質問を自問自答してみてください。きっと、「捨てる」「捨てない」の決断の役に立つと思います。

物を減らしたい時に役立つ6つの質問

Licensed by gettyimages ®

■一度でも使ったことはありますか?
プレゼントや贈り物でよくある、もらったはいいけど使わない物。今までずっと手元にあったのに使わなかった物ですから、この先数週間以内に使わない場合は、潔く手放してしまいましょう。

■もう新しいのを持っていますよね?
携帯電話やパソコンなどにありがちですが、壊れて新しい物を買ったのに、データの処理などの問題で、古いモデルやバージョンの物も捨てずに取ってあったりしませんか?残している割に、結局その中のデータを使っていなければ、意味がありません。

Licensed by gettyimages ®

■ちゃんと役に立っていますか?
おしゃれキッチングッズなんかに多いですが、本当に機能的に役に立っているのか考えてみてください。

■これってまだ使えますか?
使えないような壊れた物を、後生大事に取っている訳ないじゃないか! と思うかもしれませんが、意外と、動かない物や修理できない物を、そのまま置いていることはよくあります。本当に使えるものか確認してみてください。

Licensed by gettyimages ®

■それって取ってあるもの?
買ってすぐに何度か使っただけのバスグッズ、デザインに惹かれて衝動買いしたけど、結局デスクのオブジェと化しているステーショナリー、それって多分、もう使わないですよね?

■きちんと置いてあるだけではないですか?
今はもうあまり無いかもしれませんが、実家にある百科事典など、あまりに整然と本棚の中に鎮座され過ぎていて、それを無くすことすら頭に浮かばないような物はありませんか?きちんと置き場所に収まっているからといって、それが必要な物だとは限りません。

「断捨離で片付けが楽になった」「気持ちが楽になった」という人がいるのも事実。物を捨てるのが苦手という人は、捨てるかどうか悩んでいる物を目の前にして今回紹介した質問を思い出してみてください。

まずは、手の届く範囲から始めると意外とできちゃったりするものです。

この記事を書いたユーザー

たつや このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • マネー
  • インターネット
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス