記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
夏バテといえば誰でもどんなものかわかると思いますが、「秋バテ」はあまりピンとこない方が多いのではないでしょうか。秋バテは、暑い夏が終わり、大体9月の終わりくらいからかかる方が多いといわれています。 今回はこの秋バテについて、原因や対策などを解説いただきました。

秋バテの特徴とは…

一部を除いて、全国的に高温多湿の気候が続く日本。連続の真夏日、熱帯夜、外に出ればジト〜ッとヒフから汗が浸み出してくるような感覚に気持ちも沈んでしまいがち。それゆえ、厳しい暑さを終えて涼しい秋風が心地よい秋になると、本来であれば心も体もホッとひと息…のはずですが、いつもこの時期に体調を崩してしまうという方はいませんか?もし心当たりがあるなら、それは秋バテかもしれません。

具体的な症状

・原因のはっきりしない全身の倦怠感が持続
・「食欲の秋」のはずなのに食欲が低下
・不眠や肩こり
・頭痛
・めまいや立ちくらみ
…など。

なぜ秋にバテてしまうのか

1:自律神経の乱れ
猛暑が続く近年の傾向として、夏から秋にかけて急激に気温が低下することが多くなっています。この突然の気温変化に体温調節や発汗などを司る、自律神経がついていけず、バランスを乱してしまい、秋バテの症状を呈してしまうというわけです。

2:気圧の変化
秋口には低気圧が近づくことが多くなるので、気圧の変化が体調に影響を与える可能性も指摘されています。

3:食べ過ぎ
秋は果物、お米など実りの季節でもありますから、ついつい食べ過ぎてしまうこともあるでしょう。加えて、夏の名残で冷たいビールやアイスクリームといった体を冷やす食品をとる機会もあるかと思います。このように、大量の食物を一気に食べたり、極端に冷たいものを摂りすぎたりすることも秋の体調不良の原因に

秋バテから体を守るには…

1:暴飲暴食を避ける
2:飲み物などは、氷入りでなく、常温のものか、少し体を温めるようなものを選ぶ
3:いつもシャワーで済ませている方も、できればぬるめのお風呂で体を温める
4:自律神経の状態を改善するために、適度な運動(ジョギングやテニス)
5:物理的に体を冷やさないことも大切。
6:出先の温度によって調節できるよう、薄手のカーディガンやひざ掛けなどを用意

【医師からのアドバイス】

夏の暑さを何とか乗り切り、疲れた体にさらに「秋バテ」で追い打ちをかけてしまわないように、秋口は少し体調管理に気を付けて、実りの秋を楽しめるといいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら