シャープはモバイル型ロボット電話のロボホンを2016年前半発売すると発表しました。形態の基本機能以外に、小型プロジェクターや音声対応しており操作できます。

実際映像で見ましたが、写真・動画をとってましたね。背面に液晶モニターがついてまます。
これはロボットクリエイターの高橋智隆氏と共同開発のもので、二足歩行ができるヒューマン型ロボットであり、LTE/3Gにも対応していて、メールやカメラ、タッチパネル機能も。フォーカスフリー小型プロジェクタは、地図や映像、写真を投影でき(頭部プロジェクタに会話することで投影)て、テレビで見たときは床にうつしてました。
また、Bluetoothも搭載。

音声対話の操作もでき、キャラクター性によるコミュニケーションが行えます。
自分から話しかけてきますね。
サイズは高さ19.5センチ、重さ約390gでポケットやかばんにも入れられるサイズ。
ちょっと携帯に比べれば厚さが有りますが。

RoBoHoNはともだち家電、エモパーの開発により培われた音声技術を採用、これによりユーザーの嗜好、特徴を理解します。
高橋氏は「PCなど機器は性能がよくても話し掛けるには抵抗がある。だが、これはロボ形で話しかけやすい」とコメント。
またポケットサイズなのでパーソナルロボットいう位置づけ。会話している感覚が強くて、生活になじんでくれます。
ガラケーからの新たな脱却として、ロボット電話が家庭で活躍するかもしれません。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス