新年に届く挨拶状の年賀はがき
お年玉付き年賀はがきに
プリントされている部分には
その年の干支がデザインされていますが
それにはちょっとしたストーリーが
あったりします
皆さんご存知でしたか?

勿論干支は12種あるので
12年に1回のデザインになります
それで来年2016年は申年

と言う事は12年前は2004年と言う事に
なりますよね

2004年の年賀はがきの切手部分を見ると
勿論干支は猿のデザイン
そこには寂し気な猿が1匹
温泉に浸かっている画

そして月日は12年が流れます

12年と言う月日が経った
来年2016年の切手を見ると
そこにはもう1匹の猿が
いるではありませんか!
12年の月日が経ち
小猿が誕生していたのです!

出典grapee.jp

最近では電話やメールで
新年の挨拶を済ませる方も
多いかと思います

でもこのストーリーを見たら
年賀状を久々に
書いてみようかなとなるのでは?

今年の2015年の干支羊にも
ストーリーがあるようです
以前の年賀状を取り出して
見比べて見るのも面白いですね!

この記事を書いたユーザー

kana このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物
  • スポーツ
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • 感動

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス