生活費を抑えるには

生活するときかかってくるガスや電気、水道、食費、ネット料金がありますが、一人暮らしなら1か月3~4万円ぐらい。

これを極限まで節約するには、無駄なものを削る必要があります。

コンロは今はIHで電気を使うことが多いですが、その時には削れるとするとお風呂のガスがあります。実際これは設定温度で大きく料金が変わるようです。
冬はシャワー設定が高く40度などする方が多いですが、之だと料金が高いのです。
ですから、38度ぐらいに設定を。低すぎれば風邪をひくことになり、たった2度ほどですが、月2000円は安くなります。
曽諸いて、一人暮らし以外にも、家庭がコンセントが足りずタコ足なら、スイッチオフにしていてもわずかに電気が流れ、その分電気代がかかります。たこ足を使わないようにしておけばいいです。
そして、洗い物、歯磨きは水道を止めてやっているでしょうか。お風呂はいかがですか。水道はお風呂が一番かかり、節約すべきところをチェックしましょう。
そしてネットは無線LANならモバイルルーターを持ってください。家に設置するタイプのモデムは月6000円ぐらいですが、モバイルルーターなら3000円ぐらいで済みます。
節約なら、大きな節約がしたいですが、これをすることがガスや電気、水道代が半分に放ってくれるでしょう。



洗剤を利用しての節約法

洗剤を使うことが多い今日、節約しなければ痛い出費になるっでしょう。食器用洗剤は泡を作り、手のひらで泡立てる、スポンジでなど。
泡を利用せず使うとなかなか汚れが落ちにくい。取りにくく、余計食器用洗剤を使ってしまうでしょう。
事前に必要量をとって、泡立てると綺麗に汚れが取れて、継ぎ足さなくて済みます。

また食後汚れたものをすぐ洗剤で洗わないのが節約につながり、食べたら、油汚れがついているのは新聞紙で拭いてみればいいでしょう。そのほか食器な水につけていれば落ちやすくなります。
ドラッグストアなどではプライベートブランドが販売されてますが、有名商品などと比べ安くなっています。
そして、特売日に購入することも安く済ませるコツ。
食器用洗剤は2か月に1回飼ってましたが、4か月1回での購入につながりました。
やはり節約しても家族が苦しくなるようなことはやめましょう。あらい方など、無理な押し付けをしてしまうことは節約につながりません。


ガス代節約とは

普段コンロの火加減は中火にするといいです。強火で早く調理を終わらすと節約になるでしょうが、火がなべ底から出た状況では無意味。

鍋はそこが広いものを利用すれば熱効率が上がり、もしなべ底に水滴があれば、拭き取りましょう。
粗いものは水を出しっぱなしにすることも多くて、お湯にするとその分ガス代がかかり、冬冷たい水ではあら得ない方もいるでしょうが、ゴム手袋を使ってみれば気になりません。
お風呂の追い炊き機能はなるべく利用せず、ふたを使うと冷めないです。当然温度差が大きい方がガス代がかかり、夏は沸かし治す方がお得で、冬は一から入れなおした方がいいです。こうしたことの積み重ねにより、節約効果がでてきます。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス