食材や調味料、調理器具や食器など、キッチンはとにかく物であふれています。そんなキッチンの片付けが苦手というかたも多いのではないでしょうか。

時間のないときに手早く調理するには、作業スペースが片付いて使いやすいことが重要です。今回はなかなか片付かないキッチンの使い勝手をアップさせる3原則を紹介します。

調理台の上にものを置かない

Licensed by gettyimages ®

調理台は刻んだり、こねたり、混ぜたり食材や道具を広げて作業をする場所なので、余分なものを置かずにできるだけスペースを確保しましょう。

ここで使う道具は必要なときにサっと出せるように、引き出しにしまっておきます。菜箸やピーラー、竹串など細々とした道具が多いので、引き出しのなかは整理整頓しておきましょう。

使う場所のすぐ近くに収納する

Licensed by gettyimages ®

奥底に収納したり、離れた場所に収納して、陽の目を浴びていない調理器具や調味料はありませんか?

ものの出し入れのとき、できるだけ使う場所の知覚に収納し、取り出す際の動作を少なくすると調理がスムーズです。戸棚の扉のあるなし、開き勝手、引き出しなど収納の形も大事。そして、頻繁に使うモノほど動作に無理のない場所にしまいます。

重いものは下に、軽いものは上に収納する

Licensed by gettyimages ®

手を伸ばして簡単に出し入れできる高さは限られています。特に重い物を高いところに収納すると、出し入れが面倒という理由から使わなくなってしまいます。

高いところにはさっと取り出せる軽いもの、例えばラップのストックやラップラーメンなどを収納しましょう。そのとき、100円ショップに打っているような小さめのかごに入れて置くと、ごちゃごちゃにならずに片付けることができます。

逆に、低いところには鍋やフライパンなどの重くて使用頻度の高いものを収納しましょう。軽いものでも使用頻度が高ければ取り出しやすいところに置くことを優先した方が、キッチンの使い勝手がアップします。

キッチンを整理する際にはこの3つの原則を意識してものの配置を考えるだけで、ぐっと使い勝手が良くなります。キッチンの使いやすさで料理に対するやる気も変わってくるので、一度自宅のキッチンを見なおしてみてください。

この記事を書いたユーザー

たつや このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • マネー
  • インターネット
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス