皆さんは自分の親、祖父、曽祖父など自身の起源→ルーツについて
興味を持ったことはあると思う

むかし、「人間の証明」という映画があった
ひとのルーツについて考えさせるとても印象深い作品だ


僕らは小さな島国に暮らしてるので
通勤電車に乗ってもほとんどが同じ日本人である事が多い

今でこそ外国人観光客が増えたけど

そもそも僕らは単一民族ではなくて
北方にはアイヌ民族、南には琉球民族がいて、
色々な説はあるけど九州のひとと、
出雲系の顔立ちや紀州の人も顔立ちの系統が違うらしい

つまり、先住民族と大陸から渡ってきた人がいるみたいなのだ

自分はどこから来たのだろう

僕は個人的には「~すると~」、と可愛らしく聞こえる博多弁や
とてもユニークな発音の青森の言葉が好きだ

同じ日本語とは思えないほど使い方が異なるから、楽しくなってしまう

そんな風に見れば、日本だって立派な混合民族だとわかる

隣人の顔をよくみて
この人どこの生まれ?って考えるのも楽しくなってくる

先日お会いしたある著名なピアニストの方が、
御先祖の墓を移した場所というのが
偶然うちと同じ京都のあるお寺だったことに驚いたところだ

我が家の場合、
既に亡くなった父親が親に聞いた話として、
そのお寺に先祖が祀られている事を代々伝え聞いていたが、
ついに生きているうちに探せなかったと聞いている

京都でも有名な巨大なお寺なので、墓を探すのも大変なことらしいのだ


そんなわけで、僕もまだルーツを探す作業が残っているのだった


白人と黒人の歴史とはまた違う僕らのルーツがある
先祖は何をしていた人なのだろうとおもう

知る方がいいのか、はたまた知らない方がいいのだろうか・・

この記事を書いたユーザー

サワダヨシキ このユーザーの他の記事を見る

都内現役会社員。イベントのプロデュースやアーティスト関連の仕事を多くやっております。文章は下手くそで役に立たない情報ですが、独自の目線と情報量、経験の豊富さ(冷や汗の回数!?)は負けないつもりです。よかったらアメブロもご覧ください!http://ameblo.jp/yoshiki-sawada/

権利侵害申告はこちら