生活費を抑えるには

主婦は節約術を知っていますが、買い物一つこだわる方はこだわります。

まずお店選びですが、ディスカウントストアが安いのは当然ですが、最近コンビニでも独自ブランドで安いものが売られていて、ほかにはまとめ買いがネットでお得なことも。
ここで大事なことは、日ごろお店に行って商品の値段、種類を知っておくことで、注意深く観察してみればいいことが。
常連さんはお店の方と知り合いになって、入荷してない商品をリクエストし取り寄せたり。
結果、卵はどこの店が安いかや冷凍はどこが安いかといったことがわかってきます。
お店は最安値のところで購入するのがいい方法というわけではなくて、郊外ディスカウントは安くなってますが、車などで向かわないといけない時は交通費がかかります。

そして、移動時間も大事。コンビニより安いのならと遠いところまで行くのも考え物。
またネットショッピングは送料がかかります。
スーパーによっては生鮮食品の鮮度が違っていたりして、使い切る前に腐らせるようなことがあれば、無駄となります。
自分に生活に合ったお店選びが大事なのです。

また、主婦は買い物する前何か口にしており、空腹の状況なら無駄遣いしてしまいがち。
必要な物かどうか、その時の気分が左右しますから、平常の状態でゆっくり買い物してください。
特売にも心躍らされず、冷静な判断を。
買い物のタイミングとしては、特売日に行くことが重要。これは月数回や曜日ごとだったり、時間帯により様々。




タクシーの節約法とは

タクシーの乗り方を工夫してみれば、料金節約につながり、到着前にメーターが上がる前にとめてもらえることが大事。
これでも歩く距離は大して変わらず、メーターが上がる前にとめてもらうようにすれば100円節約になります。
なお、車は急停車できず、メーターが上がる前にとめたければ、その旨を伝えておくといいでしょう。

タクシー会社の中で回数券を販売しているところもあって、一回の利用金額に応じポイントもとまって、これを利用し割引サービスをしていたりします。
ぜひこうしたものがあるのか確認してみて、利用すれば節約となるでしょう。
そして、旅行で行く場所が意外にあいまいになってしまい、うまく伝えられなくて無駄な出費になることも。
ルートをほぼタクシーで移動するとき、1日か仕切り、~キロ以上割引などのサービスをしているところも結構ありますから、検討しましょう。
そして、タクシーがどうしてほかの乗り物より高いのかは、指定したところまで行ってくれるからで、こうしたサービスは相当の対価があるわけです。




この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス