身近にあるもので節約

毎月の生活費を工面することは大事ですが、頑張っていても赤字になるようなこともあるでしょう。
まず自分から少しでも節約を心掛けてください。
不要になった新聞紙を利用し水道料金節約が可能。
食事が終わったらお皿を水に浸す前に、新聞をちぎり拭いてみましょう。
これは繊維が柔らかくできていて、インクは脂分を分解してくれる効果がありますから、食べ残しもスッキリきれい。
これならすぐに行えます。
また、食器洗いでは、洗い桶を使うことが多いですが、これを2つ使います。
まずは片方の桶に水と洗剤を入れ、利用した食器はこの桶へ入れましょう。そして、片方の桶には水のみを入れ、洗剤が入っている方で洗った食器を、水のみの桶に移します。
これだけで食器汚れがきれいになってます。後は水道ですすいでください。

また、排水は汚いと思われてますが、野菜、パスタをゆでた汁を利用。
湯で終わったら、そのまま流すようなお湯も桶にため食器洗いに利用可能。
パスタ、うどんといったゆで汁はでんぷん質が溶けだし、脂の汚れもきれいにしてしまう効果が。
パスタ料理には脂がたくさん付着しますから、ゆで汁は洗い桶に入れておいて、その後食器はその中にすぐ入れてみれば油汚れが落ちていきます。




水を利用した節約法

水道代を抑えるために、お風呂の水を使ってみるといいでしょう。
バケツ、ペットボトルを利用してください。

ペットボトルを湯船に入れて水かさを増すことにより、水の節約に。そして、冬ならお湯が冷めやすいですから、空のボトルを湯船に入れ、出るときはお湯を入れ湯たんぽにしてみるといいでしょう。
水節約をするときに蛇口そのものの管理が重要で、水漏れしていると効果がなく、すばやく蛇口のパッキン交換を。これは無駄になりません。
また、水の節約は、具体的な金額が出るものですから、その結果を大事にして家族にも報告を。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス