にんじん

全体的に色が濃く鮮やかで、肌がなめらかでつやのあるものが良い。
頭部の切り口を見て、中芯の直径が小さなものを選びましょう。
形は太めで全体に丸みがある物を選ぶ。
先のとがった物は避ける。

キャベツ

キャベツは葉の緑が濃くて、みずみずしくつやのあるものを選びましょう。
外側の葉が白いものは葉が痛んだり、虫に噛まれたりして何枚かむいたものです、
当然品質も劣ります。
巻きがしっかりしていて、手にもったときずっしりと重量感のあるものを選びましょう。
春キャベツと冬キャベツがあり、それぞれ特徴が違います。
春キャベツはやわらかくて弾力性のあるものを、冬キャベツは固くて見た目よりも重たいものを選びましょう。

ねぎ

白い部分が長くてつややかで柔らかいものを選びましょう。
白い部分はあくまでも白く、葉は先まで緑色の鮮やかなものを選びましょう。
表面がカサカサ乾いたものは、かたくて風味がないので避けましょう。

きゅうり

緑色が鮮やかで、全体に張りがあり、表面のトゲがさわると痛いぐらいのものが新鮮。
くびれたり、尻太りのものでなく太さが均一のものが良い。
たてに筋が入って柔らかいものは古い証拠です。

たまねぎ

表面の皮がパリッと乾き、つやのあるものを選びます。
皮の色は薄いより濃い茶色が良いです。
球形に近いもの程よく、平らなものは、
収穫のタイミングが悪かったりして、熟しすぎているため、傷みも早くなります。

大根

根は白さがさえ、かたくしまり、肌のきめ細かいものが良いものです。
首が黒いものは老化してス入りが多いので避けましょう。
触ってみて柔らかいものは良くありません。
葉がついていれば葉のみずみずしさもチェックです。
大根の葉は、白い根の部分よりも栄養が豊富に含まれています。
スーパーで買うときはぜひ葉つきの物を買いましょう。

じゃがいも

ふっくらと丸みがあって、傷やしわのないものを選びます。
皮が薄い方が良いです。
一部が緑色だったり、黒い斑点があるもの、芽が出ているものは避けます。
「男爵いも」、「キタアカリ」は中ぐらいの大きさでずしりと重いものが良品です。
大きすぎるとスが入りやすく、また中心部も空洞化してたり、水っぽくなっている事が多いです。
「メークイン」、「ホッカイコガネ」などの品種は多少大きくてもかまいません。
表面がなめらかでしなびれていないものを選びましょう。

ほうれん草

葉が濃い緑色でみずみずしいものを選びます。
根に近い部分から葉が密生しているもの、根本が赤いものが良いです。
茎が太すぎずしっかりしているもの。

なす

張りがあってつややかで、濃い紫紺色のものを選ぶ。 
鮮度が落ちてくるほど茶色っぽくなってきます。
ヘタの切り口が新しく、トゲにさわると痛いぐらいとがっているのが新鮮です。

ピーマン

つやがあり緑の濃いもの。色にムラがないもの。
緑に赤紫がかった部分が出てくるとと腐敗し始めている。
肉に厚みがあるものを選ぶのもひとつのコツです。

トマト

ヘタが緑色で、いきいきしているものほど新鮮です。
全体にかたくしまり丸みのあるものがよく、角ばっているものは中身が空洞状態が多いようです。
持ったときにずっしりと重みのあるものが良いです。
トマトは球形に近いものほどいいです。
角張ったものは、中に空洞も多く、水気も少なくて味もよくありません。

おわり

まだまだ世の中には美味しい野菜がたくさんありますよね。
選び方によってさらに美味しくなるので少し心掛けるのもいいですね。
美味しいものを食べると人は幸せになると私は思います。
これを機にお子様と野菜コーナーで食育してみてはいかがでしょうか?!

この記事を書いたユーザー

みほみほ このユーザーの他の記事を見る

二児女の子育児中の30代ママです!!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス