陣痛が始まってタクシーや自家用車で病院へ行く途中に思わず車内で出産。そんな経験をしたことがある読者の方はいらっしゃるでしょうか。日本でも海外でも、ないとはいえない緊急出産。先日、イギリスでも車内での緊急出産がありました。でも生まれて来た赤ちゃんにはへその緒が絡まっていたのです。

それは1週間前の出来事でした

Licensed by gettyimages ®

自宅で激しい陣痛を感じた女性。ご主人の運転する車で病院へ向かう途中に「もう生まれる!」と思い、警察にご主人が電話。駆け付けた二人の警官の誘導の元、車はある大学内の駐車場に。

警官、リアムとヤサが出産の介助をしようとした時、既に赤ちゃんの頭が見えていたそうです。そして車内で出産。でも二人は赤ちゃんの首にへその緒が巻きついていて赤ちゃんが呼吸をしていないことに気付きました。

警官二人の迅速で落ち付いた的確な対応で無事救助

出典 http://www.mirror.co.uk

リアムは紫色になっている赤ちゃんの首に巻きついているへその緒を何とか切り取らなければと、警察車内に戻り、特別な道具箱の頑丈なハサミでへその緒をカット。その後すぐに、連絡した病院から医師が来るまで赤ちゃんに人工呼吸をし続けました。

そして駆け付けた医師の治療の後、すぐに母と娘エミリーは病院へ。警察官の緊急対応がまさに迅速で的確であったために、母子共に無事でした。

エミリーを助けてくれた警察官に感謝してもしきれない

出典 http://www.mirror.co.uk

思わぬ車内出産に立ち会った父のジャスティンさんは、今回の警察官の素晴らしい協力によって、大切な我が子の命が救われたことに大変感謝していると話しています。リアム警官がへその緒を切って人工呼吸をしている間、パニックになるジャスティンさんを落ち付かせようと慰めてくれたのはヤサ警官でした。

リアムは「赤ちゃんの命を救ったことは自分のキャリアで、最も誇りに思う経験だよ。警官というのは、常に犯罪や事故、事件と背中合わせで生きているけれど、こんな風に生まれた命がこれから始まる瞬間に立ち会えたことはとってもいいことだよ。」そうコメントしたそうです。

確かに、警察官は命の危機にさらされるような状況と向かい合っていることが多いでしょう。小さな命の危機を感じながらもパニックになることなく、冷静に対応してその命を救った警察官は、やはりプロなのだと感じます。

母子共に無事で本当に良かった。エミリーが大きくなったら、きっとご両親はこの日のことを懐かしそうに語るでしょうね。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス