世界三大スポーツイベントのひとつに数えられる、ラグビーワールドカップ!
観客動員約225万人、世界42億人がテレビ放送を見る世界的ビックイベントが9/18から
イングランドで開催されました。

そこで闘いの踊りを試合前に踊るサモア代表たちの勇ましい姿に魅せられてしまう人が続出しているのです。

サモア代表のシヴァタウという踊りです!

出典 YouTube

他にも、闘いの踊りをする国があるんです!

「ハカ」を踊るニュージーランド代表!

出典 YouTube

ハカの歌詞です!

Ka mate! Ka mate! (私は死ぬ!私は死ぬ!)カマテ!カマテ!
Ka ora! Ka ora! (私は生きる!私は生きる!)カ オラ!カ オラ!
Ka mate! Ka mate! (私は死ぬ!私は死ぬ!)カマテ!カマテ!
Ka ora! Ka ora! (私は生きる!私は生きる!)カ オラ!カ オラ!
Tenei te tangata puhuruhuru(見よ、この勇気ある者を)テネ テ タガタ プフルフル
Nana nei i te tiki mai, (ここにいる毛深い男が)ナナ ネ イ ティキ マ
Whakawhiti te ra! (再び太陽を輝かせる!)ファカフィティ テ ラア 
A upane! ka upane!(一歩はしごを上へ!さらに一歩上へ!)ア ウパーネ!カ ウパーネ!
A upane, ka upane(そして最後の一歩、そして外へ一歩!)ア ウパネ カパネ Whiti te ra! (太陽の光の中へ!)フィティ テ ラ! Hī! (昇れ!)ヒ!

出典 http://ameblo.jp

トンガ代表の踊る「シピタウ」!

出典 YouTube

2003、トンガ戦では、ニュージーランド代表のハカの最中に、興奮したトンガ代表が対抗してシピタウを行い「ハカ・バトル」として話題となった。試合前の取り決めでは互いを尊重しニュージーランドのハカが終わってからトンガがシピタウを行うとしていたが、試合前の異様な盛り上がりと相手チームのハカにトンガ代表が刺激されハカ合戦に発展した。

出典 https://ja.wikipedia.org

こんなことも、あったのですね。

勇ましい踊りに圧倒されますよね。試合前にああいう力強い踊りをすると、とても気合が入るんでしょうね。

なんだか、心が揺さぶられました。

この記事を書いたユーザー

うー このユーザーの他の記事を見る

東京が好きで、昭和が好きで、古い日本のドラマも好きで、カフェが好き。
忘れられかけている遠い記憶のことを掘り起こしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス