なんか偉そうなタイトルですね。ボランティアしているだけで偉そうに!
違うんです。今回はそういうお話ではありません。

現在、国際結婚をして9ヶ月の娘と海外移住をした私の話をさせていただきます。

海外で子育て

「海外で子育て。」と聞いてどの様なイメージがあるのでしょうか。

海外で子育てを希望する人も多いようです。

ママは不安がいっぱい

子供はバイリンガルに育って良いと思うでしょう。しかし、ママは?

言葉の通じない異国の地で「子供が病気になったら?」「怪我をしたら?」「救急車はどうやって呼べばいいの?」

筆者の子供も離乳食が始まりアレルギー反応が出てしまった時、近くに頼れる人がおらず泣きそうでした。語学勉強したいけれど、子育てをしているとどうしても自分のことが後回しになってしまいます。

社会から離れていく

言葉が話せないと仕事をする事も、公園にいるお母さん達ともコミュニケーションをとる事すら難しいのです。そうしているとどんどん社会から離れていく感じがします。


ママはとても孤独です。

出会い

家からほど近い所にある「ふれあい牧場」へ行った時の事。夫はあるものを見つけて私に言いました。

「ボランティア募集って書いてあるけどやってみたら?」

夫は冗談半分で言ったのですが私はその場所がとても気に入り、なんとか話をしてもらえないか頼みました。

「私達の国の言葉を勉強したい?」

夫は担当者に私が全く話せない事、子供がいるので子供をおぶってボランティアをしたい事を伝えました。言葉も全く話せないので半分諦めていたのですが、意外な答えが・・・。


「あなたは私達の言葉を勉強したい?もし、勉強したかったらボランティアをしながら教えてあげるよ?イヤイヤやるんじゃなくて、やりたいと思ってくれる人にボランティアしてほしいんだよ。だから歓迎するよ!」

まさかの答えでした。もちろん語学も勉強したかったので本当に嬉しかったです。

赤子おぶってボランティアしてます

その様な経緯があり、現在週に1回この「ふれあい牧場」へ行き動物達のエサやり、糞の掃除などをしつつ言葉を教えてもらっています。


ここへ行く様になってから変わった事は・・・
・知り合いができた事でもっと言葉を勉強したくなった。
・今まで同じ事の繰り返しだったのが、週一の楽しみができた事で生活にメリハリができた。
・外国の文化を知る事ができた。

今は毎週この日を楽しみにしています。

ボランティア

<人出が足りず予算もないのでボランティアを募集しているみなさん>
私のようにボランティアをする事で社会に関われて嬉しく思っている人もいます。子連れの外国人も受け入れてみてはいかがでしょう。

<異国の地で育児を頑張っているお母さん>
この様に受け入れてくれる所もあるんです。ちょっと勇気を出してやってみてはいかがでしょうか。

最後に

赤子をおぶってボランティアをする事で私は助けられています。

この記事を書いたユーザー

Maggoo このユーザーの他の記事を見る

オランダ在住、一児の母。最近インスタにハマっており面白いネタ探しに日々インスタ徘徊中。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 育児

権利侵害申告はこちら