高校や大学を卒業して一人暮らしを始める新入生や新社会人。新たな生活への不安と期待でいっぱいです。気になることの1つは初めての一人暮らしにかかる費用でしょう。初期費用はどれくらいかかる?学生と社会人ではどれだけ費用が違う?一人暮らしに役立つ節約方法とあわせてご紹介します。

一人暮らしでかかる費用はどのくらい?

一人暮らしを始めるにあたって忘れてはいけないのが初期費用です。部屋探しをしているとわかることですが、敷金や礼金というものがかかる物件がほとんどです。中には敷金・礼金ナシという物件もありますが、他の名目でお金を請求するなどのトラブルもあり、契約内容をしっかり確認しなければなりません。

敷金とは、家賃の滞納や部屋を出るときの修理費用を先に払っておくお金で、関西では保証金と呼ばれます。基本的に使われなかったお金は帰ってきます。一方、部屋を貸してくれる大家さんへの感謝の気持ちを込めて払う礼金は、退去時にも帰ってきません。

学生の一人暮らしは月どれくらいの費用がかかるの?

それでは月々かかる一人暮らしの費用を見ていきましょう。まずは学生編です。独立行政法人の日本学生支援機構が2年ごとに行っている学生生活調査がありますが、平成24年度の結果をご紹介します。一人暮らしの学生の月ごとの費用は以下の通りになりました。

住居・光熱費 39,275円
食費 21,691円
保健衛生費 3,725円
娯楽・し好費 12,183円
その他の日常費 14,375円

以上を計算すると、平均で月90,741円かかることになります。ちなみに、学生ウォーカーが報告するアンケート結果によると、東京の新入生の平均家賃は56,266円です。やはり東京の一人暮らしは少し高い予算になりそうです。

社会人の一人暮らしは月どれくらいの費用がかかるの?

続いて社会人の一人暮らし費用です。まずは以下月平均額をご覧ください。

家賃 60,000円
光熱費 8,000円
通信費 10,000円
食費 50,000円
娯楽・交際費 10,000円
雑費 10,000円

以上で合計約15万円です。友達や同僚と飲みに行くこともありますし、残業が続いてついつい外食ばかりということもありえます。ビジネスシーンに合う服やアイテムをそろえていくと、学生時代にはなかった出費がかさんでしまうのが社会人です。

一人暮らしの費用を節約する方法を教えて!

社会人の一人暮らしにかかる平均費用が月15万円。ということは、ほとんど貯金ができないということです!もしも、急な出費が発生したら赤字になってしまいます。そんなときでも困らない、おすすめの節約方法をご紹介します。

一番の節約は固定費の見直し

社会人の一人暮らしの費用で大きな割合を占める家賃。家賃は固定費なので毎月同じ額支払わなければなりません。安い家賃の物件を選ぶことが節約につながります。

駅からは少し遠いけれど、健康のために歩いて通勤する。近くにコンビニやスーパーはないけれど、買物は週に1回まとめて済ませる。など、工夫をしながら安い物件を楽しみましょう。もちろん、女性の一人暮らしには、ある程度の治安やセキュリティーが必要です。

電気料金を見直そう!

意外と知られていない方法ですが、電気料金のプランを変えて節約しましょう。たとえば東京電力では、深夜1時から朝9時までの電気代が安くなる朝得プランや、夜9時から朝5時までの電気代が安くなる夜得プランがあります。昼間は家にいない社会人におすすめのプランです。

自炊で食費をうかせよう!

次に注目したいのが食費です。健康面も考えて、自炊にチャレンジするのはいかがですか?最初は簡単なことからでOKです。たとえば白米。コンビニでおにぎりやご飯類を買うよりは、ご飯だけでも自分で炊いたほうが安くすみます。

慣れてきたらおにぎりにしたり、スーパーで買ったお惣菜をつめてお弁当にしましょう。土日の時間があるときに少しずつ料理のレパートリーを増やせば、食費がダイブうきますよ。

脱コンビニ宣言をしよう!

簡単に買い物ができるコンビニはついつい行ってしまうお店ですよね。しかし、品物の料金は高めです。毎日通っていたらかなりの出費になってしまいます。買物はなるべくスーパーで済ませるなど、一度脱コンビニ宣言をしてみましょう。飲み物なんかもお茶やコーヒーなどを家で入れて持ち歩けば、月に何千円も節約できますよ!

初めて実家を出て経験する一人暮らし。たしかに出費がかさんで泣きたくなるかもしれません。しかし、心配ご無用!うまく節約していけば、楽しく暮らせるし貯金だってできますよ。今から自炊の練習をしてみるのはいかがですか!

この記事を書いたユーザー

めがーぬ このユーザーの他の記事を見る

日々、豆知識やためになる情報をチェックして記事にしていきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス