どんなジャンルがあるの?何を習わせたらいいの?

ダンスのジャンルは様々です。
よく耳にするところではJAZZ、バレエ、HIPHOPなどなどでしょうか。

何からしようか迷ったら、最初は上記のものから始めてみるのがオススメです。
興味がわいてきたらほかのジャンルもかじってみて、お子様が好きになったものを続けるのがよいでしょう。
また、将来すすみたいジャンルを絞って、それに合わせたダンスを習うのも目標ができていいでしょう。


ミュージカルやお芝居方面に進みたいのであれば、JAZZは必須です。JAZZ、バレエ、タップ、は特におすすめです。
どのダンスにも表現力は必要ですが、おもにJAZZやバレエなどの柔らかな動きはミュージカルで表現したい情感や美しさを表現するのに役立ちます。
ターンなどの基礎的な動きができていないとオーディション合格は厳しいでしょう。
タップダンスは赤毛のアンやアニーではおなじみのジャンルです。しておいて損はありません。
ここにボイストレーニングも加われば心強いでしょう。

テーマパークダンサーもかつてはJAZZがメインでしたが、今ではHIPHOPやブレイクができるダンサーも求められています。

カッコよくストリートダンスを踊りたい!ということであれば、HIPHOPからはじめるのが良いでしょう。
身軽さを生かしてアクロバティックなブレイキンをするのもかっこいいですね。
動きを止める(ロックする)ロッキン、大人の雰囲気のR&B、怒りを表現したストンプ、力強いニューヨークスタイル、ボディコントロールを生かしたアニメーションダンスでは雷に打たれたような動きのポッピン、足捌きが素晴らしいハウス、セクシーなレゲエに激しいパンキングなどなどストリートダンスにはまだまだたくさんのジャンルが細分化されています。

ヒップホップに慣れてきたら他のジャンルをはじめてみるのも良いでしょう。

コンテンポラリーダンスというとちょっとマニアックなイメージがありますが、メッセージを込めたダンスで想像力を刺激するのもいかがでしょう。

女の子はガールズヒップホップやポールダンス、ベリーダンス、また、フラダンスなどをママと踊るのも素敵ですね。

どんな教室にいこう??

まずは目指すコースから選んでみるのはいかがでしょう。

アイドルを目指すなら、色々なジャンルのダンスをまんべんなく受けられる教室がいいでしょう。もしくは芸能事務所に所属することでそれができる場合もあります。
キッズが主役のミュージカルや宝塚などを目指す場合も然りです。各種レッスンを一か所で受けると受講料がお得になる事もあります。


ストリートダンスを楽しみたいならダンス専門のスタジオだけでなく、最近ではスポーツセンターやスポーツジムでも受講することができます。
パンフレットや看板などでキッズHIPHOP教室の文字を探してみましょう。はじめての方はスタジオよりスポーツジムのほうが足を踏み入れやすいかもしれませんね。

ダンスでコンテストやバトルに挑戦してみたい!というのであればコンテストに力を入れているスタジオを選びましょう。コンテスト開催のホームページなどに、協賛をしているスタジオでは大抵コンテストチームを作っています。ただしそのチームに入れるかどうかは基礎ができているか、覚悟があるか、などが求められることもあります。

専門的なジャンルになってきますと、これもやはりダンススタジオとなります。
ジャンルによっては受講できるスタジオが限られてきますので、根気よく探してみましょう。

一歩踏み出す!

どこのスタジオにしようか迷う場合は、受講したいジャンルと曜日を照らし合わせてみるとだいぶ絞ることができます。
発表会などが近付いていない限りは、おおむねどこの教室でも体験レッスンがあります。


まずはやってみるのが一番です。


ダンスの扉は大きく開かれています。


この記事を書いたユーザー

抹茶シャチコ このユーザーの他の記事を見る

旅行記や土地グルメランキングの記事をまじめに作成したかと思えば、オッチョコチョイナーである自身の特性を活かしてパニックエッセイを書いたりもする落ち着きのない大人。それが俺さ!

権利侵害申告はこちら