記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
春先の花粉症は本当にたくさんの人にとって悩ましい問題ですね。あたたかくなるのが待ち遠しいはずの春なのに、花粉症のせいで恐怖の季節だというかたは、多いのではないでしょうか。春が通り過ぎるとホッとするという話も耳にします。

ところで夏の花粉症はあまり聞きませんが、秋になるとまた花粉症の症状があらわれる方がいるということはご存知でしょうか?

今回は「秋の花粉症」について、医師から聞いた話をお伝えします。

秋に飛散するブタクサ、ヨモギなどの花粉

春の花粉症の原因は、スギ、そしてヒノキなどが有名ですが、秋の花粉症の原因となる植物は
・ブタクサ・ヨモギ・イネ科の花粉・カナムグラ
などが知られています。

1. ブタクサ
ブタクサによる花粉症は、日本ではスギ、ヒノキに次いで患者が多いようです(米国ではブタクサが原因の花粉症が最も多いとされています)。ブタクサは全国どこにでもある1mくらいの一年草で、8月から10月にかけて花粉の飛散が見られます。

2. ヨモギ
ブタクサの次に多いのが、ヨモギ餅などでおなじみのヨモギ。これも全国に分布し、ブタクサと同時期に花粉が飛散します。

秋の花粉症の主な症状は、春の花粉症と同様に鼻水、くしゃみ、鼻づまり、目のかゆみです。鼻・口や目の粘膜が花粉にさらされてアレルギー症状を起こします。

≪咳・くしゃみで他人に嫌われちゃうかも?NGなやり方していませんか?≫
1分で簡単チェック【咳・くしゃみマナー】を診断してみる

秋の花粉症の存在を知ろう!

季節の変わり目ということもあって、秋口は急に気温が下がるので風邪なども引きやすい時期です。鼻水やくしゃみといった症状が出ても花粉のせいだとは気づきにくいかもしれません。しかし秋の花粉症の存在を知っていれば、アレルギーのような症状が出たときに病院で検査を受けることができます。もし秋の花粉症であることが判明したら、薬の処方で症状を軽減させることもできます。

鼻の症状が強いようなら耳鼻咽喉科、目のかゆみが強かったり、目が真っ赤になってしまうといった症状であれば眼科、皮膚のかゆみがあるようであれば皮膚科というように、症状の強いところに合わせて受診する診療科を選択するとよいでしょう。

秋の花粉症の予防、改善

秋の花粉症を予防、あるいは改善するためには、通常のスギ花粉症などと同じように、まずは目、鼻、口など身体の粘膜部分の、アレルゲンとなる花粉との接触を避けることが大原則となります。

・マスクや花粉症用のメガネを着用
・うがいや手洗い
・花粉を家の中に持ち込まない
・帰宅後は玄関先で洋服の表面をブラッシング
・帰宅後シャワーを浴びて肌についた花粉を洗い流す
・室内にこまめに掃除機をかける
・空気清浄機の使用

≪ただの頭痛と思って放置してませんか?≫
あなたの頭痛、実は危ない頭痛かも…見分けるポイントは?

【医師からのアドバイス】

春のみならず、秋まで、せっかく気温的に過ごしやすい季節に、多くの人たちをつらい症状で苦しめる花粉症。可能であれば、外出は雨の日など花粉の飛散量の少ない日にできれば理想的です。いつか、花粉症の研究が進んでマスクなしで快適に春、秋を過ごせる日がくるといいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら