出典Suzie

「腸内ガスが寿命を縮めている」と聞いたら、驚く人は多いのではないでしょうか。
腸内ガスの第一人者で医学博士でもある瓜田純久先生は、著書『10分のゴロ寝で10年長生きできる!』(扶桑社)で「健康の鍵は腸にある」と教えてくれています。
あまり知られていませんが、腸は免疫を司ったり、幸せホルモンのセロトニンを作ったり、消化吸収以外にも重要な役割をしている器官なのです!
この本では腸内の環境を良くするために、タイトルの通り“10分間のゴロ寝”を推奨しています。それでは、なぜ、ゴロ寝は腸に良いのでしょうか。これからいっしょにみていきたいと思います。

■ゴロ寝が腸内ガスをスムーズに排出してくれる

腸の老化の原因は体内に充満するガス(オナラの元)が原因です。このガスが便秘や下痢を引き起こして、腸を弱らせ、老化させていきます。
逆にガスを減らせれば、腸が若返り、健康で長生きするための条件が揃うのです。
現在はイスの上に長時間座りっぱなしの人が多く、便は下向きカーブのきつい腸管に留まり、ガスは上向きカーブの左上腹部・秘蔵の屈折部に留まることが多いです。
ゴロ寝をすると、その複雑に曲がりくねった形をしている腸の中のガスや内容物が、スムーズに移動していきます。まず不要な腸内のガスを抜けていき、腸の蠕動運動が促進されます。
便秘がちの人でもお通じが来やすくなるでしょう。習慣にすれば、ガスによる膨満感が減り、便秘予防もできて一石二鳥。腸にとっては最高の体操と言えるでしょう。

■腸が若返る“10分のゴロ寝”の超簡単なはじめ方

ゴロ寝のやり方は非常に簡単。リラックスした状態で、畳や布団の上でうつぶせになり、そのまま左右のゴロゴロ転がるだけ。10分を1セット、または5分間を2セットなど、自分の一番やりやすいペースで行うのがベストです。
就寝前と起床時がおすすめですが、腸が動いてないと感じたときはいつでも行ってOK。ゴロ寝の場所さえ確保ができれば、迷わずトライしてみたいですね。

■ゴロゴロ出来ない時に最適なトイレストレッチ

場所や時間などの関係で、ゴロゴロが出来ない時もたくさんあります。そんな時は「トイレでの簡単ストレッチ」がおすすめ。まず、上半身を前屈していきます。次に、上半身を後ろへ反りましょう。
前屈では肛門が上向きになりガスが出やすく、後ろに反れば直腸が垂直になり、便が出やすい状態になります。
その後、上半身を左右にひねります。何度か繰り返せば、腸管内容物が少しずつ動き、排便がしやすくなるでしょう。
また、ストレッチのついでにトイレタンクの蛇口で手を洗うのもおすすめです。一時的に自律神経のバランスが変化して、腸の動きが良くなる場合があるようです。
その他、この本では、腸を元気にする生活習慣や食習慣など“目から鱗”の内容がぎっしり。腸のセルフチェック表なども付き、現在の自分の腸の様子を振り返ることもできます。
ガスが溜まりやすかったり、便秘がちなど、よくお腹が張る人は要チェック!
腸が元気になれば、栄養は良く吸収され、免疫も正常に機能し、健康寿命がさらに延び……いいことずくめです。ぜひ参考にしてみてくださいね。
(文/齊藤カオリ)

この記事を書いたユーザー

Suzie編集部 このユーザーの他の記事を見る

女性が「こんなの知らなかった」と思える、数字のお話をお伝えしていくWebメディア。お金や時間の記事を中心に、カロリー、給料、残業、IQ、慰謝料、体温、人数などの数字トリビア記事を配信中。普段気付かない、意外な発見と驚きの数字が満載です。

権利侵害申告はこちら