町内で、初めての資源ごみ当番の日に起こした失敗談です。
それは、分別を終え、帰ろうとしたとき、
沢山のスチール缶の中に、スプレー缶が紛れているのを発見しました。
取り除いて手に取ると、まだそんなに使用していない感じの、ホビー用の塗料缶でした。
他のスプレー缶は穴が開けられており、ガスを抜いてありましたが、
1つだけ、中身が入っていたため、穴開け機で開けたのですが、
不用意にも、これが大きな間違いでした。

地面にしゃがみ込んで、足で踏んで穴をあけた為、思いっきりブシャーッと、噴射したように飛び散り、頭から見事にかかってしまいました。辺り一面ブルーになりました。
しかも速乾性だったみたいで、一瞬で眼も開けられず、まつ毛まで青色になってしまいました。
鏡で見る事も出来ないため、恥ずかしさのあまり、着ていた上着で顔を覆い、人目に付かぬよう、身を隠すように小走りに自宅へ戻りました。鏡を見てびっくり!!
頭から顔全体上半身まで青色!!
まるで、アバタ-状態になってしまいました。
しかも、出勤前で、お気に入りの服着てましたから、とてもショックでした。
それよりも、ペンキが取れなかったら…とか、片方の目は瞼がくっついてしまっていたので、このまま目に入って開かなくなったらとか、病院行くべきか、
相当うろたえてて、ホント、必死でした。
比較的助かったことは、お化粧をしてたので、顔全体クレンジングと洗顔で、塗料は落ちました。しかし、髪の毛が絡まって取れないし、耳の中とか、首とか、爪の中とか、飛び散っていて、点々とついており、もぉ散々でした。
除光液、アルコール、洗剤いろいろ試して、滅茶苦茶焦りました。
「私が何か悪いことした?」なんて呟いたりして、極度のパニック状態でした。
何とか事なきを得たけれど、ほっとしたら安堵感から全身力が抜けちゃって、
この日は仕事を休みました。
その後も、所どころ、ペンキは1週間くらいは消えませんでした。

もとはと言えば、無知な自分の不注意なんだし、
後で考えてみたら、上向けて缶の穴開けたら、どぉなるかなんて分かる事。
しかも、満タン近く中身入ってるのが分かってるんだから、ガスで噴射すること予想出来るのに、躊躇なく思いっきり踏んじゃいました。
たまたまゴミ出しに来られた方々が帰られ、集積時間も過ぎて、一人だったから救われました。他の人を巻き込んでたら、大変なことになるところでした。

注意書き読まなくて、とんでもない羽目に合ったけど、周りに人が居なかっただけ幸いでした。無知ほど怖い事はありません。
こんな不注意から、大事故に発展してしまうのですね。
取説、注意書き、必ず読むこと学習しました。無造作は、どんなときでも危険な行為に繋がりますね。面倒でも手順通り、怠ってはいけません。
危険ゴミ、スプレー缶は、中身を抜くとき、地面にシートを敷き、
汚れてもいい服装で、手袋をして、対象物の穴が下になるように、ビニール袋の中に入れて穴をあける。これ鉄則です。


この記事を書いたユーザー

べべ このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 社会問題

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス