そもそもゾンビってなんだ?

ゾンビ(英語: Zombie)とは、何らかの力で死体のまま蘇った人間の総称である。ホラーやファンタジー作品などによく登場し、「腐った死体が歩き回る」という描写が多くなされる。

出典 https://ja.wikipedia.org

バイオハザードなどの映画では人を襲ったりもします。

しかし、元々のゾンビは…。

「ゾンビ化」とは、嫌われ者や結社内の掟を破った者に対し、社会的制裁を加えるための行為であり、この場合の「死者」とは生物的なものではなく、共同体の保護と権利を奪われる、つまり“社会的な死者として扱われる”ことであると、ゾラ・ニール・ハーストン(w:Zora Neale Hurston)やアルフレッド・メトロー(w:Alfred Métraux)等の人類学者は、ゾンビに関する研究の早い時期から論じていた[2]。
イギリス人の人類学者、ローランド・リトルウッド(Roland Littlewood)はハイチに渡って詳細なるデータを取り、ゾンビの存在を全否定している。「マーケットに死んだはずの息子がゾンビとなって歩いていた」と言って、ふらふら歩いている人物を自宅に連れ帰った父親の報告があり、その息子とされた人物を医学的に検査したところ、死んだ形跡が全くなかった。また、その人物には知的障害があり、DNA検査によって父親と親子関係のない他人の空似だったことが判明した。その他にも同様に、他人の空似のケースばかりであったことが報告されている。(1997年)

出典 https://ja.wikipedia.org

そもそもは死体が蘇るではないようですね…。

ゾンビは人を襲わない!?

あくまでも仮定の話になってしまいますが…。

確かに理性を失って本能のままに動いた場合、何もせずに寝続けると言う可能性も現代社会ではあるかもしれませんね。

食欲を満たすために人を襲うというのがそもそものゾンビが人を襲撃する目的なのですが、その食欲がない人も現代社会には多く存在しています。

性欲が強くて襲うというパターンも考えられますが、草食化が叫ばれる現代ではそれも可能性は少ないかもしれません。

そう考えると現代のゾンビは意外と大人しいかもしれないですね…。



この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス