日本中が衝撃を受けた、福山雅治さんの「結婚」

Licensed by gettyimages ®

お祝いのコメントがある一方で、「仕事が手に付かない」「ショック!」というコメントも多くのSNSなどで見受けられました。手の届かない人と分かっていても、いざ結婚してしまうのは、ファンならばなおさら残念なこと。

今日は「失恋から早く立ち直る方法」をご紹介します。

泣きたければ、泣けばいい。

Licensed by gettyimages ®

大切な人と別れて、悲しくない方がおかしいです。想いを溜め込まず、泣きたいだけ泣きましょう。それが何日も続いたって構いません。落ち着いたらこれからのことを考えれば良いので、感情を出し切ってみましょう。

誰かに話を聞いてもらっているときでも一人のときでも良いので、溢れる感情のまま思い切り涙を流してしまいましょう。別れという現実を思って泣いて、楽しかった思い出をひとつひとつ思い出しては泣いて・・。

そのうちに自然と涙が止まりますが、翌日になったらまた悲しみがこみ上げることもあるでしょう。そのときは、また思い切り泣いてください。自然と涙が流れなくなるまで、とにかく泣きましょう。なんとなくスッキリした気持ちに出会えますよ。

出典 http://thechange.jp

想いを溜め込んでしまうと、自分でコントロールが出来ないほど気持ちが落ち込んでしまうこともあります。そうならないように、自分で泣きたいだけ泣けば良いのです。泣くのはけして悪いことではありません。

信頼できる友人に話してみる。

Licensed by gettyimages ®

失恋したけど、今日から元気にまた過ごします。なんて、口では言ってもなかなか難しいもの。相手を好きで居た方ほど、難しい傾向にあります。そんなときは無理をせず信頼出来る方に話してみましょう。すぐにすっきりはしなくても、次の一歩を出すヒントが得られるかも知れません。何より話すだけで心が落ち着いてくることでしょう。

あなたが想像する以上に「周りには理解者が多い」と考えるようにして下さい。そして、スネることなく、素直に理解者に自分の気持ちを吐露しておきましょう。「失恋するかどうか」に周りは関係ありません。あなたとあなたの恋人の問題です。一方で、失恋の傷を癒すのは周りにも関係があります。素直な気持ちで周りの力や支援を得て、さっさと傷を癒した方が得策です。

出典 http://thechange.jp

1人で抱え込むタイプの人ほど、こんなときは誰かを頼ってみましょう。傷がより深くなる前に想いを吐き出すのは、とても大切なことです。

お部屋に花を飾りましょう。

Licensed by gettyimages ®

綺麗な人のご自宅に行ってみると、お花が飾られていることが多くありませんか。実は、花にはこのようなことがあるのです。

花には人を元気にさせる不思議な力があります。失恋で傷ついた心を癒す効果もあるので、部屋に花を飾ってみましょう。好きな花を1本飾るだけでも大丈夫。花瓶がないならグラスに飾ってもOKです。部屋に花を飾るだけで、温かみと明るさを感じますよ。これだけでも十分な効果がありますが、あなたの気持ちに合った色の花を飾ることで、効果が高まります。

出典 http://thechange.jp

私は普段からお部屋に花を飾っています。お花があるだけでほっとしたり優しい気持ちになれたりするものです。お花を飾る気になれないかもしれませんが、こんなときこそ花を飾り、自分に優しくしてあげましょう。

少し落ち着いたら、笑うように心がけてみましょう。

Licensed by gettyimages ®

どうしても笑えない時に、無理に笑えとは言いませんが、口角を少しあげるだけでも気分が落ち着いてくるかも知れません。笑顔で居る人のところに、多くの幸せがやってきます。ほんの少しでもいいので、感情を出し切ったら笑ってみて下さいね。

無理に笑う必要はありませんが、辛いときにこそ笑うように心がけることで、失恋からの立ち直りが早まります。失恋のことを一旦忘れ、気のおける友だちと遊びに行ったり、バラエティ番組などを見たりして、目の前のことを思い切り楽しんでみましょう。笑うことでいつの間にか、傷ついた心が癒えていることに気づくでしょう。笑う門には福来ると言うように、笑顔でいると自然に幸せが訪れてくるものです。明るい未来を手に入れるためにも、笑顔を忘れないでくださいね。

出典 http://thechange.jp

笑顔でいることで、今までと違った視点で物事が見える日が来ることでしょう。その日が来るまで焦らずに、笑顔で過ごしてみてくださいね。

相手を恨まない。別れてから悪口を言わない。

Licensed by gettyimages ®

たとえ別れたとしても、「相手を好きだった期間」は確実に存在します。別れた後に悪口を言うような人とは、おつきあいしづらいもの。どんなことがあっても、別れたら全て終わり。余計なことは言わずに居ましょう。それがあなたの心の強さ、美しさに繋がるはずです。

もし、別れを悔やんだり、相手を恨んだりすれば、失恋からの立ち直りは遅くなります。反対に、別れて良かったと思ったり、新しい恋人を見つけようとすることは立ち直りを早くします。

出典 http://news.mynavi.jp

別れた後は「あなたとつきあっていた相手」はもう居ないのです。必要があって今がある。だからこそ、良い方に考えて行くことが大切でしょう。

手紙など、過去の想い出の品は捨てておきましょう。

Licensed by gettyimages ®

「大好きだった人との想い出」をいつまでも持っていると、そこから長い間抜けられないことも…。捨てるときは辛いかもしれませんが、元交際相手を思い出させるものが無くなることで、新しい未来に進めるものです。

過去の手紙や思い出の品は処分する
人によっては「踏ん切りがつかない」と思いますが、手紙や思い出の品はさっさと処分してしまいましょう。「えいっ!」と勇気を出して、ぜんぶ捨ててしまうのです。
この方法は意外なほどに効力を発揮します。

出典 http://thechange.jp

早く立ち直って新しい恋に行ける人、長年引きずってしまう人の大きな差はここにあると思います。過去に浸ることなく、未来に向けて、想い出を綺麗にしましょう。

新しい目標を決める。

Licensed by gettyimages ®

恋人が出来ると、相手を最優先にしてしまう方ほど、失恋から立ち直りにくい傾向にあります。そんなときは「新しい目標」を作りましょう。長いこと落ち込んでしまうのは「次にやることが見えない」「もっと素敵な人に出会えるか分からない」という「不安」が原因になることが多いです。目標があれば、不用意に落ち込む必要もなくなることでしょう。

実は、この方法で立ち直られる方が最も多いです。「新しい目標を立てる」ですが、その目的は「失恋の辛さを忘れる」だけではありません。皆さんにも失恋の経験はあると思いますが、しばらくすると、「相手よりも魅力的になってやる!」や「相手よりも早く新しい恋人を見つけてやる!」と思ったことはありませんか?おそらく、ほとんどの方が「YES」と答えるでしょう。そのような感情は、一種の「エネルギー」と言えるのです。

出典 http://thechange.jp

自分がもっと魅力的になれば、数年後には「どうしてあの人のことが一番好きだったのだろう」と笑える日が来ることでしょう。そうなれるまで努力をしてみることも、きっと楽しいですよ。

新しい幸せは、きっとすぐ近くある。

Licensed by gettyimages ®

そう思って毎日を過ごすことで、恋の傷も少しずつ癒えてくることでしょう。早く失恋から立ち直って、新しい恋に出逢えることを願っています。

この記事を書いたユーザー

山本明日香 このユーザーの他の記事を見る

講談社:VoCE読者ブロガー「VOCEST」3期生。スワロフスキーアーティスト。ヨガ、ストレッチを中心としたボディメイク、ヨーロッパのファッション・ライフスタイルなどを発信するのが得意!ダイエット検定1級取得。Webライティング能力検定1級合格 ◆美容ブログ:http://ameblo.jp/asukaproduce/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス