先日発売になったアップルの新機種iPhone 6s・iPhone 6s Plusはもう手に入れましたか?

新機種でも特に目玉の機能と言える「3D Touch」が便利だと話題になっています。

3D Touchとは

出典 http://appleinsider.com

iPhone 6sでは、iPhoneを操作するためのまったく新しい方法を生み出しました。あなたがディスプレイに加えた圧力の大きさを、iPhoneが初めて感知するようになったのです。タップ、スワイプ、ピンチといったおなじみのMulti-Touchジェスチャーに加えて、3D TouchではPeekとPopが登場。これによりiPhoneの体験に新しい次元の機能性がもたらされます。3D Touchを使うとiPhoneが微かなタップを返してくるので、プレスによってできることを目で見るだけでなく、感じることができます。

出典 http://www.apple.com

新たに画面を押し込むジェスチャーが追加されたことで、アプリなどをより便利に使う機能が実装されています。

カーソル移動

出典 http://ozpa-h4.com

これまでのiPhoneには文字入力時のカーソル移動が困難という問題がありました。

今回、3D Touchが導入されたことで、手元のキーボードを長押しするだけでカーソルを移動させることができるようになりました。

キーボードを長押しすると文字カーソルを自由に移動できます。指をちょい、と離してすぐに押せば文字の選択も出来ます(説明しづらい)。
文字入力、とくに選択ではイライラすることも多かったのですが大幅にそれが改善されそう。

出典 http://ozpa-h4.com

クイックアクセス

出典 http://iportal.yahoo.co.jp

カーソル移動だけでなく、ホーム画面ではアプリアイコンの上で長押しすることによって直接アプリの機能を利用することができるようになっています。

3D Touchの感想

若干地味な機能であり、今のところ大きく報道されるような扱いではありませんが、好意的な感想がほとんどでした。

3D Touchの便利さは認められつつも、浸透具合は今後の対応アプリの普及具合にかかってきそうです。

この記事を書いたユーザー

たつや このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • マネー
  • インターネット
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス