「You know」を直訳で考えると変な感じするよね?

外国映画(英語)を字幕で見ていると、色々な日本語の訳が画面の下に表示されますが、意訳されていることも多いとききます。とはいえ、単語単語で聴いていて「意味が分かる英語」が発言されたときに、訳を見ると「訳されていない言葉」があるような気がしませんか?なんでその訳になるんだろう?という疑問がでたり、不思議だったりと感じたことがあると思います。

その中でもよく聞くフレーズのひとつ「You Know」に注目してみました。

どうして話初めに「You know 」なのか?

「You know」を文頭で使う場合、相手が話の内容を知っている前提で話す時に使われます。(中略)例えば、先週に友達とレストランで食事をし、「先週行ったレストランあるじゃん?」と言いたい場合は「You know that restaurant we went to last week?」となります。

出典 http://hapaeikaiwa.com

こちらの開設をされているサイトは「なるほど!」と感じるほどわかりやすくまとめられていました。確かに、日本語の訳を見ると「~いったじゃん?」というのは、行った事がある前提ではなしているので、あなたも知ってると思うけどみたいな意味合いなのですね。

英語で「えーっと…」などの場合も「you know 」

「You know」を文章と文章の間で使う場合は、言葉が詰まったときの「え〜っと」「あの〜」や、考えている時の「え〜、何だっけ?」を意味します。

出典 http://hapaeikaiwa.com

日本語では「えーーーっと」と言葉に詰まった時の言葉は山のようにありますが、英語でもあったそうです!そう、それが、「You Know」だったとは意外でした。ただ、使い方としては、「文章と文章の間」だそうですので、使用するにはちょっとコツが必要かも?

相手が知っているという前提で使用する言葉だった!

今から発する内容は相手が知っていることが前提の時に使用することが多い言葉だったそうです。日本語のイメージでいうと、「~だよね?」「~知ってるよね?」みたいに、相手の「知っている」という言葉を聞かずとも、そういった言い方をする場合に使用するからこそ、話す前の一番最初に発していたんですね!

更に、えーっと…とか英語でなんて言うのかな?と感じていましたが、まさかの「you Know」だとは知りませんでした。

英会話のフレーズの中でも、日本語のように「ちょっとした言い回し」が英語ではなんていうのかわからないことが多いと思います。こういったちょっとした言葉は、映画を見ていると色々な発見があるためオススメです♡

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス